【丸和運輸機関】EC物流拡大を追い風に快進撃、M&Aも加速中

alt
丸和運輸機関の本社(埼玉県吉川市)

物流業界で目下、最も勢いのある会社の一つとされるのが丸和運輸機関<9090>。EC(ネット通販)物流の需要急増を追い風に、業績は快進撃を続けている。事業拡大の加速に向け、ここへきてM&Aへの取り組みも意欲的だ。

小売業界に特化

丸和運輸機関は小売業界に特化した物流サービスを展開している。主軸とするのが3PL(サードパーティーロジスティクス)事業。荷主の物流部門を一括受託する業務形態で、荷主に代わって品物を保管する倉庫運営から在庫管理、輸配送までを一元的にこなす。

顧客にはAmazon(アマゾン)、良品計画、ダスキン、ニトリ、イトーヨーカドー、マツキヨココカラ&カンパニー、アルフレッサなど錚々(そうそう)たる顔ぶれが並ぶ。

輸配送は「桃太郎便」のブランドで知られている。なかでもEC物流で要となるラストワンマイル(最寄りの配送所から品物を注文者の自宅や受け取り場所に届ける最終区間)配送網に強みを持つ。

丸和の成長を大きく後押しする形になったのが2017年、アマゾンからの業務受託だ。首都圏で「ECラストワンマイル当日お届けサービス」に乗り出した。EC市場の急拡大に人手が追い付かず、大手宅配会社の一部ではアマゾンとの取引から撤退を余儀なくされた。そうした中、丸和はアマゾンの当日配送を引き受けた。

さらにコロナ禍による巣ごもり消費が加わり、EC物流の需要が激増した。丸和グループの物流ネットワークを支えるパートナー企業は全国約1700社(3月末)で、当面3000社以上を目指している。引き続き、ラストワンマイル配送網のエリア拡大を急ピッチで進める構えだ。

「桃太郎便」で知られる丸和運輸機関の輸配送事業

アマゾンが売上の4分の1を占める

実際、アマゾンのウエートは急上昇。2022年3月期の売上高1330億円のうち、ほぼ4分の1の24%をアマゾン関連で占めるまでになっている。

また、マツキヨココカラのウエートも11%に達する。マツキヨココカラとは旧マツモトキヨシ時代から25年を超える取引がある。

丸和は5月、マツキヨココカラが中部地区と九州地区に建設する新たな物流センターの運営を受託した。マツモトキヨシホールディングスとココカラファインの経営統合(2021年10月)を受け、両社の物流効率改善に向けた物流統合を提案していた。

丸和の足元の業績はどうか。2022年3月期は売上高18.6%増の1330億円、営業利益7.8%増の86億円で、過去最高を更新した。売上高を主要部門別にみると、ネット通販や生活雑貨などの「EC・常温物流」が672億円、食品スーパー向けをはじめとする「食品物流」が444億円、ドラッグストア・調剤薬局や医薬品卸を中心とする「医薬・医療物流」が203億円。

もっとも、伸び率は明暗が分かれる。EC・常温物流が46%を超える大幅増加となったのに対し、食品物流、医薬・医療物流はいずれも横ばい圏にとどまった。

EC物流の事業拡大に連動して、アクセルを踏み込んでいるのが他でもないM&Aだ。

◎丸和運輸機関の業績推移(単位億円、23/3期以降は予想)

22/3期 23/3期 24/3期 25/3期
売上高 1330 1715 2000 2400
営業利益 86 111 136 171
最終利益 61 73

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【東京きらぼしフィナンシャルグループ】ネット銀行「UI銀行」を開業、M&Aも始動

【東京きらぼしフィナンシャルグループ】ネット銀行「UI銀行」を開業、M&Aも始動

2022-07-21

きらぼし銀行を傘下に置く東京きらぼしフィナンシャルグループが新機軸を矢継ぎ早に打ち出している。今年1月、地域金融グループとして2例目となるインターネット専業銀行「UI銀行」を開業し、金融デジタル化への体制を整えた。さらに7月には広告代理店を買収し、取引先企業の課題解決につながる非金融サービスの充実にも余念がない。