ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

えっ ソニーも巨額減損?

alt

さらに2016年10月には、通信大手のAT&Tが総合メディア・グループのタイム・ワーナーを854億ドル(9.8兆円)で買収すると発表しています。これはさすがにFCC(連邦通信委員会)が認めないと思われていましたが、トランプ政権となってFCC委員長も規制緩和派に交代したため可能性が出てきました。

こう考えると、ソニー・ピクチャーズだけは総合メディア企業ではないソニーの傘下であり、グループとしてのシナジー効果が今一つ上がっていないことになります。

つまり「使いこなせていない」あるいは「コントロールできていない」わけです。

アクティビストのダニエル・ローブが2013年にソニー・ピクチャーズのスピンオフ(分離・上場)を提言していましたが、その時点ではソニー・ピクチャーズの企業価値はソニー・グループから切り離した方が大きくなるとの見通しだったはずです。

その時点からソニー・ピクチャーズの企業価値がどれくらい棄損してしまったかは不明ですが、直感的には「今からでも売却してしまうべき」と考えます。ただ米国の総合メディア・グループ傘下にはすべて映画会社があるため、残る可能性はもう1つの通信大手のベライゾンかな?と勝手に考えています。

さてソニー経営陣の判断はどうなのでしょう?

本記事は、2017.1.31公開「闇株新聞」より転載しております。

金融ブログ 闇株新聞

世界の出来事を独自の見解で読み解く 刺激的金融ブログ「闇株新聞」

人気ブログ「闇株新聞」で「オリンパス事件」「AIJ投資顧問事件」といった経済事件をきっかけに、信頼のおける解説でコアな読者をつかんでいる。 著書に『闇株新聞 the book』(ダイヤモンド社)など。


NEXT STORY

【企業力分析】増加率のバランスがV字回復を阻む一因 ソニー

【企業力分析】増加率のバランスがV字回復を阻む一因 ソニー

2017/02/27

前回のパナソニックに続き、今回はコングロマリット企業を目指すソニーについて企業力分析を行いました。

関連のM&Aニュース