【中小企業のM&A】特殊な事業承継の事例「若女将の養子縁組」 ~失敗するには訳がある~

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
写真はイメージです

中小企業にも以前に比べれば女性社長が増えてきましたが、逆に女性にしかできないポジションがあります。旅館、料亭、お茶屋などの「女将」です。

旅館の「若女将」を養子に迎える

女将は対外的な顔としてお客様に伝統や文化に基づくおもてなしをすることはもちろん、経理や広報など経営面についても重要な役割を担っていることが多いです。女将という仕事は女性の専門職と言えます。そのため、女将の後継者である若女将については、後を継ぐ女性の子がいない時は養子を迎えることもよくあります...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5