menu
Social media

ビジネス

【タカタ破綻】自動車メーカー各社のリコール引当額、トヨタグループ5,700億円、ホンダ5,560億円に

Cover b3fe1b61 3071 4725 af61 a08c3365eb41
※画像はイメージです

公開日付:2017.06.30

【タカタ破綻】公表10社、自動車メーカーの引当額 合計1兆3,309億円

タカタ(株)(TSR企業コード:295877413、東京都)が製造したエアバッグへのリコール費用に対する自動車メーカー各社の引当額がわかった。

タカタリコール関連引当額

ホンダ5,560億円、トヨタグループ5,700億円

 本田技研工業(株)(TSR企業コード:291038689)は、2015年3月期に約1,200億円、2016年3月期に約4,360億円の合計約5,560億円をエアバッグインフレーターに関連する製品保証引当金繰入額として計上している。ホンダの担当者は、「5,560億円はリコール措置によって将来発生すると合理的に見積もった金額。今期(2018年3月期)は、多額の製品保証引当金の計上予定はない」とコメントしている。
 トヨタ自動車(株)(TSR企業コード:400086778)の、リコール費用(既届出分)に係る求償債権等は5,700億円。この金額は将来有する求償債権の見込み額も含む。
 トヨタによると、当該数値には連結対象のダイハツ工業(株)(TSR企業コード:570229340)と、日野自動車(株)(TSR企業コード:291055729)分を合算している。

日産907億、スバル735億、マツダ407億

 日産自動車(株)(TSR企業コード:350103569)は、2016年3月期にリコール費用として907億円を特別損失で計上している。
 (株)SUBARU(TSR企業コード:291043216)は、2017年3月期において735億円を未払計上している。
 マツダ(株)(TSR企業コード:740083694)は、2016年3月期に407億円の製品保証引当金繰入額として計上している。

TSR

関連のM&Aニュース

トヨタ自動車<7203>、完全子会社トヨタマーケティングジャパンを吸収合併

日産自動車<7201>、GSRキャピタルグループへバッテリー事業を譲渡

トヨタ自動車<7203>とマツダ<7261>、資本業務提携締結

タカタ<7312>、スポンサーへの事業譲渡

タカタ<7312>、海外子会社3社を譲渡

日産自動車<7201>、カルソニックカンセイ<7248>を売却

トヨタホーム<7203>、ミサワホーム<1722>と資本業務提携契約の締結並びに同社株式に対して公開買付及び第三者割当増資の引き受けを発表

日産自動車<7201>、三菱自動車工業<7211>の第三者割当増資引受けにより筆頭株主へ

トヨタ自動車<7203>、ダイハツ工業<7262>を株式交換により完全子会社化

伊藤忠商事<8001>、マツダ<7261>の連結子会社であるトーヨーエイテックを買収。

富士重工業<7270>、塵芥収集車事業を新明和工業<7224>に譲渡。

日産自動車<7201>、株式交換により愛知機械工業<7263>を完全子会社化。

トヨタ自動車<7203>とBMW グループとが業務提携。

トヨタ自動車<7203>、トヨタ車体<7221>と関東自動車工業<7223>を株式交換により完全子会社化。

日産自動車<7201>と三菱自動車<7211>が軽自動車事業で合弁会社設立

トヨタ自動車<7203>、テスラモーターズと資本業務提携

富士重工業<7270>、イチタン<5645>を完全子会社化

NEXT STORY

【タカタ破綻】 最大の債権者がアメリカ合衆国だった理由

【タカタ破綻】 最大の債権者がアメリカ合衆国だった理由

エアバッグのリコール問題で破綻の危機のあるタカタ。6月26日には東京地裁に民事再生法の適用を申請した。タカタの債権者のトップにアメリカ合衆国の名前が上がったことが話題になっている。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c