menu
Social media

ビジネス

インドカレーのシディークが倒産

Cover b3edd1ed 0139 40fa 9bc4 53881b7e212e
※画像はイメージです

インドカレーのシディークが倒産

公開日付:2016.12.21

~神田カレーグランプリで3年連続準グランプリを獲得~

(株)SEP(旧:(株)シディークエンタープライゼズ、TSR企業コード:293225680、法人番号:2010001082456、千代田区平河町2-12-2、設立平成9年7月、資本金1000万円、味庵・ラムザン・シディーク社長)は12月16日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には梶谷篤弁護士(梶谷綜合法律事務所、千代田区大手町1-7-2、電話03-5542-1453)が選任された。
負債総額は債権者約130名に対して約3億3000万円。

インド・パキスタン料理「シディーク」を始めとするレストランを都内で運営し、平成23年~25年には神田カレーグランプリにおいて3年連続で準グランプリを獲得していた。最盛期には18店舗を運営し、21年8月期の売上高は6億9267万円をあげていた。しかし、23年3月に発生した東日本大震災の影響により外国人の料理人や従業員が帰国し、また効率化や採算性を確保するためセントラルキッチンを新設したが、来客数の減少による売上低下から投資負担が重くのしかかっていた。

不採算店の閉鎖などで最終的には5店舗での運営となっていたが、同業者との競合などから減収に歯止めがかからず、27年8月期には売上高が3億3766万円に落ち込んだ。そうしたなか、金融機関から借入金の返済条件変更などの支援を受けていたが、資金繰りも限界に達し今回の措置となった。

東京商工リサーチ「 TSR速報(大型倒産情報)」より

関連リンク 【ハウス食品】壱番屋に続き、ギャバンも食う カレールウと融合しさらにおいしく

東京商工リサーチについて

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工 リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、 マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。
東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/

NEXT STORY

パン・洋菓子の「イグレックプリュス」が倒産

パン・洋菓子の「イグレックプリュス」が倒産

神戸を中心に展開する焼き菓子とパンのお店「イグレックプリュス」が倒産しました。負債総額は約約6億7300万円とのことです。


注目の記事

Thumb ed24d32d 314b 436d 9162 9042c662b25c

【ソフトバンク】M&Aの名手はどのように変革を遂げたのか

1995年3月期。今から20年前の株式公開時には、売上が1,000億円に届いていなかったソフトバンク。それが2014年3月期にはなんと売上高6兆7,000億円、営業利益は約1兆円に達する日本を代表する巨大企業に成長した。M&A巧者の軌跡を追う。

Thumb 37ae6300 d36c 422a b3db 7b5650e56863
Thumb 43728674 93ee 4d97 8dd1 b044798b88cd
Thumb de87922e b9db 43ec bcf7 aa94a02c0218