menu
Social media

ビジネス

「グルメンピック」主催者の大東物産が倒産

Cover 72b6a030 986a 4a01 bfd9 947100de33be
※画像はイメージです。

公開日付:2017.2.23

~「グルメンピック」の延期で、返金をめぐり出店者とトラブル~

 大東物産(株)(TSR企業コード:300183526、法人番号:5010001153808、中野区東中野4-4-1、設立平成25年5月、資本金1億1200万円、中井冬樹社長)は2月20日、東京地裁に破産を申請し同日、破産開始決定を受けた。破産管財人には笠井直人弁護士(笠井総合法律事務所、中央区銀座3-11-18、電話03-3546-2033)が選任された。

負債総額は債権者510名に対して1億2340万円(うち508名が出店予定者)。

大東物産が入居していたビル

 平成28年7月に、東京オリンピックに向けて日本・全国各地のグルメを世界に発信していくことを目的としたイベント「グルメンピック」の開催を目指し事業を開始。「グルメンピック2017」を東京都調布市の味の素スタジアムで、29年2月13日から2月17日、2月20日から2月24日の10日間、「大阪グルメンピック2017」を舞洲スポーツアイランドで、同年2月17日から24日の8日間、開催するとし、全国の飲食店を中心に募集を開始した。先着申込には出店料20万円、その他は40万円を設定し、29年1月23日には大阪、同月24日と25日は東京でイベントの説明会を実施する予定だった。

TSR

NEXT STORY

グルメンピックを企画した大東物産「破綻の構図」

グルメンピックを企画した大東物産「破綻の構図」

突然のイベント中止で出店料の返金がされないなか、「グルメンピック」を主催した大東物産が破産を申請した。出店料はどこに消えたのか。その行方を追った。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344