menu
Social media

ビジネス

アメリカンアパレルが日本撤退。全店舗閉鎖へ

Cover d95330c8 476f 40d5 a87f 671f91ebad97
※画像はイメージです

~米国アメリカンアパレルの日本法人~

American Apparel Japan(有)(TSR企業コード:296385042、法人番号:2011002032656、東京都渋谷区渋谷1-23-25、設立平成17年6月、資本金300万円、福岡武彦社長)は11月9日、東京地裁より破産手続における保全管理命令を受けた。

保全管理人には福岡真之介弁護士(西村あさひ法律事務所、東京都千代田区大手町1-1-2、電話03-6250-6200)が選任された。会社への問合せについてはカスタマーサービスセンター(電話03-6418-5403)が設置されている。
負債は現在調査中。

平成17年6月、米国American Apparel社の日本法人とし設立。米国本社より輸入したアパレル製品の店舗販売およびオンライン販売を主業として、東京・渋谷店や大阪・心斎橋店など4店舗を展開、 ピークとなる平成26年12月期には売上高約16億5000万円をあげていた。

しかし、米国American Apparel社が競争激化などによる損失拡大など経営不振が続き27年10月、米国連邦破産法第11条の適用を申請。その後、当社も経費見直しなどを進めていたが28年11月、米国American Apparel社が2回目の米国連邦破産法第11条の適用を申請した。当社は11月10日、日本からの撤退する方針を決め今回の措置となった。

現在、店舗は通常通りの営業を行っているが順次閉店する予定。

東京商工リサーチ「 TSR速報(大型倒産情報)」より

関連リンク:
パナソニックプラズマディスプレイが倒産
【業界最前線ブログ】「ファッション流通の現場」(3)ユニクロ対ZARA
【ファーストリテイリング】トレンドの変化が激しいアパレル業界の荒波を、M&Aで漕ぎ進む

東京商工リサーチについて

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


TSR

NEXT STORY

コンタクトレンズの草分け「ニチコン」が倒産

コンタクトレンズの草分け「ニチコン」が倒産

「ニチコン」のブランドで知られる日本コンタクトレンズが民事再生を申請した。使い捨てソフトコンタクトレンズが主流となり、ハードコンタクトレンズの製造に強みをもつニチコンの売り上げは低迷していた。事業は継続する。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344