ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の買収まとめ

alt

 ベライゾンが米ヤフーを買収するとの報道がされている。ここでベライゾンのM&Aについて、アメリカ部の記事を抜粋して紹介する。

 ベライゾン・コミュニケーションズ(Verizon Communications Inc.)は世界最大級の通信インフラ事業者。米国最大の携帯電話事業者であるベライゾン・ワイヤレスを子会社にしている。

 1970-80年代当時に通信分野で独占状態にあったAT&T(発明家グラハム・ベルのベル電話会社)の政府による反トラスト訴訟の和解の結果、AT&Tの長距離交換部門以外が地域ベル電話会社7社(BabyBells)として地域電話部門が分割され、市場競争への道が拓かれた。

 自由競争の結果の再統合により、地域ベル電話会社のベル・アトランティックとナイネックス両社が合併し、2000年に非ベル系でハワイなど小規模都市をカバーしていたGTE(General Telephone and Electronics)の巨額買収を完了し、ベライゾン・コミュニケーションズとして誕生した。

 ベライゾンは、同様に地域ベル系を再統合したAT&TとともにベライゾンとAT&Tで長く米国の通信事業で2強時代を築いてきた。

NEXT STORY

【短期集中連載】海外M&A成功に向けて、国際ルールに合致する「ジョブ起点の組織・人事」へ改革/ マーサージャパン グローバルM&Aコンサルティング部門プリンシパル、鳥居弘也氏 インタビュー

【短期集中連載】海外M&A成功に向けて、国際ルールに合致する「ジョブ起点の組織・人事」へ改革/ マーサージャパン グローバルM&Aコンサルティング部門プリンシパル、鳥居弘也氏 インタビュー

2016/07/27

日本企業がグローバル企業に脱皮してM&Aを成功させるには何が必要なのか。日系や外資系企業のM&Aに関わる組織・人事面の支援の分野で、十数年にわたる豊富な経験を有するマーサージャパン グローバルM&Aコンサルティング部門プリンシパル、鳥居弘也氏が語る、海外M&A成功に向けて、国際ルールに合致する「ジョブ起点の組織・人事」へ改革とは。