menu
Social media

ビジネス

追記あり:Twitterが今まで買収してきた29社をリストアップしてみた。

Cover 91e205a4 2148 4413 b695 a7d890a49bd6
※画像はイメージです

 広告がないことがクールだと言われていたFacebookは、上場してからフィード内に広告を出したりメッセージに課金したりと、上場すると何かと市場からプレッシャーがかかるようなので、Twitterにはこれからも変わらぬ使いやすさを保っていただきたいところです。

 ユーザーから見ると140文字をツイートするシンプルなサービスですが、裏側では数々のテクノロジーを吸収してここまで巨大化してきたようです。今回は上場記念ということでTwitterが今まで買収してきた企業をリストアップしてみました。


 ※追記:この金額はCrunchbaseの情報を元に記載しましたが、S-1にTwitterが申告した正しい金額が記載されています。正しい金額データが必要な方はこちら(https://techcrunch.com/2013/10/04/twitters-ma-has-...)で。

 Vineくらいしか知らなかったのですが、2008年から今まで29社も買収していました。

 買収してきた企業の数もさることながら、そのスパンの短さに驚きました。2013年はほぼ1ヶ月に1社買収しているペース。従業員からすると毎月新入社員が加わってくる、くらいの感覚なのかもしれません。

 と、これだけではただのリストアップになってしまうので、買収してきた企業を大きく6つにグルーピングして、Twitterの月間アクティブユーザーと並べてマッピングしてみたのが下の図。アクティブユーザー数は公表されている2010年以降のデータのみです。


 月間アクティブユーザー1億付近からセキュリティやバックエンド系の企業を買収したり、2012年から一気にソーシャルメディア分析系の企業を買ったりと、当然ですがその時に応じて必要な技術を買っているんでしょうね。

今後時間があったらこれのFacebook版でも作ってみようかと思います。

本記事は、2013/10/07に公開された「インプットをアウトプットするブログ」
http://osusumeapps.net/2013/10/07/twitter/
より転載しております


海外でのM&A事情

NEXT STORY

「TOBってなあに? もうかるの?」

「TOBってなあに? もうかるの?」

KDDIと住友商事によるジュピターテレコム(J:COM)の買収で、海外投資家らがTOBの買い付けに応じない株主から強制的に株を買い取る際の価格が「低すぎる」と申し立てた主張を、最高裁が退けたのは記憶に新しいところ。TOBを投資の目線で見るとどうなるのだろうか?「節税ヒントがあるかもブログ」のメタボ税理士が、全3回でTOBについて分かりやすく解説する。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333