10月の値上げラッシュ 牛丼はまだら模様に「吉野家」と「すき家」が真逆の選択

alt
写真はイメージです

10月1日に多くの飲料や食品が値上げされる中、牛丼では値上げと値引きの両施策が登場することになった。

牛丼チェーン吉野家を展開する吉野家ホールディングス<9861>は、2022年10月1日14時に牛丼を20円値上げする。原材料価格の高騰や物流費の上昇が理由で、値上げは2021年10月以来およそ1年ぶり。

牛丼チェーンすき家を展開するゼンショーホールディングス<7550>は、10月1日9時から会計時に提示することで、牛丼、カレー、うな丼、うな牛、牛カルビ丼が70円引きになる「Sukipass(スキパス)」を200円で販売する。店内飲食、持ち帰りのどちらでも利用可で、1回に合計3商品までが割引対象となる。10月31日までは何度でも使用できる。

吉野家の2022年3-8月の既存店の平均売上高は前年同月比108.1%、すき家の4-8月の既存店の平均売上高は前年同月比107.8%で、両社ともに好調に推移している。

値上げと値引きという真逆の選択をした牛丼大手2社の10月は、どのような数字になるだろうか。

丼物を全品20円値上げ

吉野家は一部の商品を除き、税抜き価格で平均18.8円値上げする。牛丼、豚丼などの丼物商品では全品税抜き価格で一律20円の値上げとなる。例えば税引き価格388円の牛丼並盛は408円となり、店内で飲食すると448円、持ち帰りだと440円になる。

値上げ後も店内飲食の定食、御膳については、ライスの増量、おかわり無料サービスは継続するという。

吉野家値上げ一覧表
値上げ一覧表(同社ニュースリリースより)

ランチメニューを70円引きに

すき家のスキパスは、牛丼ライト、お子様牛丼、お子様カレー、牛丼のランチメニューなども値引きの対象となる。牛皿、牛皿定食、カレールー単品、うな皿、特うな皿、牛カルビ皿、牛カルビ定食は対象外という。

カードはなくなり次第、販売を終了する。10月1日10時からは、すき家のアプリでも購入でき、店舗で購入したスキパスをアプリに読み込むことも可能。

すき家では9月にも、牛丼やキムチ牛丼、ねぎ玉牛丼などが70円引きとなるスキパスを販売している。

こうした戦略の違いは、どちらに吉とでるだろうか。3日後には火蓋が切られる。

すき家のSukipass
スキパス(同社ニュースリリースより)

関連記事はこちら
「回転ずし」と「ビール」10月1日に一斉値上げ
10月に今年最多の値上げが押し寄せる「飲料、食品」ビールは4社が一斉値上げ

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

「トクホ牛丼」「ヴィーガン牛丼」変わり種が相次いで誕生

「トクホ牛丼」「ヴィーガン牛丼」変わり種が相次いで誕生

2022-07-18

国民食とも言われる牛丼に、変わり種が相次いで誕生した。コロナ禍の中、牛丼の販売は善戦しており、多様化する消費者の志向に合わせて、変わり種牛丼も増えていきそうだ。

関連のM&A速報