バチカン市国より広い「イオンモール取手」で見えた次の一手とは

alt

2025年に日本最大のショッピングモールが茨城県取手市で開業する。「イオンモール取手(仮称)」がそれ。総開発面積は67万6000平方メートルと、テーマパークの東京ディズニーランド(51万平方メートル)を超える。世界最小の国家であるバチカン市国(44万平方メートル)よりも広く、「一つの街」といえる規模だ。

「商業不動産」に強いイオンが都市開発に参入

大型ショッピングモールを全国展開しているイオンモールだが、現在最も広いのが「イオンレイクタウン」(埼玉県越谷市)の33万7000平方メートルなので、その2倍の規模となる。商業施設は専門店街の「North-Town」とモールの「South-Town」で形成され、住宅街区や警察署、消防署、温浴施設、公園などを備えた「完結した街」だ。

イオンはこれまでの大規模商業施設開発から一歩踏み出し、より規模が大きい都市開発に乗り出す。イオンは「小売業と言うよりも不動産業」と呼ばれる。大型商業施設を建設して専門店を誘致、店舗の賃貸収入で安定した収益をあげるビジネスモデルを確立した。

現在では百貨店がイオンに追随してホテルやオフィス併設型の再開発を実施、自社の売り場よりも不動産賃貸料で稼ぐようになっている。

イオンが開発対象を従来の商業施設から街にまで広げれば、住宅や公共施設などの不動産開発も手掛けることになり、ビジネスチャンスや売上規模は拡大するはずだ。生活の利便性が高まるため、開発した「街」の不動産物件は地元の平均的な地価よりも高値で取引されるのは間違いない。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

5期連続営業赤字のミニストップはなぜ衰退の道を歩み始めたのか

5期連続営業赤字のミニストップはなぜ衰退の道を歩み始めたのか

2022/04/15

ミニストップは2022年2月期に31億3,700万円の営業損失を計上し、4期連続の営業赤字となりました。2023年2月期も2億円の営業損失を予想しており、5期連続の営業赤字が目前に迫っています。競合のコンビニが堅調に推移する中、なぜミニストップは苦戦しているのでしょうか?