まさかのコラボも「カップヌードル」「ギョーザ」「ククレカレー」人気商品の50周年記念作戦とは

alt
写真はイメージです。

インスタントラーメンの日清食品(東京都新宿区)は、スナック菓子のやおきん(東京都墨田区)と共同で「カップヌードル」発売 50 周年を記念して「うまい棒カップヌードル味」を開発した。

シーフード味やカレー味などの「カップヌードル」8種類の味を「うまい棒」で再現したもので、店頭での販売は行わず、日清食品グループオンラインストアやファミリーマートの利用者を対象にプレゼントする。

味の素冷凍食品(東京都中央区)も発売50周年を記念して冷凍の「ギョーザ」を大幅にリニューアルしたほか、ハウス食品グループ本社<2810>もレトルトの「ククレカレー」発売50周年を記念して記念ロゴ入りパッケージを発売した。

人気商品たちが展開する50周年記念作戦とは。

8種の味のうまい棒を開発

カップヌードルは1971年9月に誕生した世界初のカップ麺で、通常のカップヌードル味や、シーフード味、カレー味をはじめ、チリトマト味、欧風チーズカレー味、しお味、みそ味、旨辛豚骨味の8種類がある。

これらの味を「うまい棒」の風味とサクッとした食感で楽しめるようにした。オンラインストアでは9月6日に、ファミリーマートでは 8月31日にプレゼントキャンペーンをスタートする。

「うまい棒」は1979年の発売で、めんたい味やコーンポタージュ味、なっとう味などがあり、子どもから大人までファンが多い。

同社ニュースリリースより

味やパッケージをリニューアル

同社ニュースリリースより

味の素冷凍食品は8月8日に、冷凍「ギョーザ」の豚肉を約1.5倍に増量し、原料の配合や中具の練り方を工夫することで、噛むごとに中から肉汁が溢れだすように改良した。

同製品は市販用冷凍食品の中で、2003年度から2020年度まで18年連続で売り上げが日本一となっており、同社では今回の改良によって「よりご飯に合う、食べ飽きない味に大きく進化した」としている。

同社ニュースリリースより

ハウス食品グループ本社は8月9日に「ククレカレー発売50年記念ロゴ入りパッケージ」を発売した。

同製品には、すりおろしたリンゴやマンゴーチャツネの甘み、トマトや玉ねぎなどの野菜のおいしさが溶け込んでおり、子どもから年配者まで幅広い層で楽しむことができる。

発売50年記念ロゴは、ククレカレーのブランドロゴの特徴の一つであるひし形をモチーフとしており、同社では「子どもからお年寄りまで懐かしくホッとする、やさしい味わいと、50年の感謝の思いを込めてデザインした」としている。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

不世出の起業家 安藤百福(日清食品)|受託の罠の脱出ルート3

不世出の起業家 安藤百福(日清食品)|受託の罠の脱出ルート3

2019/02/12

今回は、VCととともに乗り越えるべき「死の谷」について書きます。題材は再び、NHK朝ドラ『まんぷく』の主人公「立花萬平」のモデルになった日清食品創業者・安藤百福氏です。不世出の起業家はどのように乗り越えたのでしょうか。