上場ラーメン5社の4~6月期業績、持ち直しが広がるも「一風堂」「幸楽苑」で明暗

alt
写真はイメージです。

幸楽苑ホールディングス(HD)、力の源ホールディングスなど上場ラーメンチェーン5社の2022年4~6月期(第1四半期)業績はまん延防止等重点措置が3月に解除されたことなどを受け、持ち直しの動きが広がった。本業のもうけを示す営業損益は第1四半期として力の源HDが2年連続の黒字、ハチバンが3年ぶりの黒字を確保した。残る3社も赤字幅が縮小した。通期(2023年3月期)は5社がそろって営業黒字を見込む。

減収の幸楽苑、3割増の「一風堂」力の源

2022年度の第1コーナーである4~6月期の売上高は幸楽苑HDを除く4社が2ケタの伸びを確保した。

ラーメン「幸楽苑」を展開する幸楽苑HDの売上高は62億円と前年同期を0.7%下回り、微減ながらマイナスとなった。デリバリー、テイクアウトなど「中食」領域の取り組みを推し進めたものの、店舗数(6月末440店舗)が前年より10店舗ほど減ったことが影響した。営業赤字は3億4000万円といぜん水面下だが、赤字幅を約1億5000万円圧縮した。

3割を超える売上増となったのは「一風堂」を主力ブランドとする力の源HD。同社は全278店舗中、約半数の136店舗を北米、欧米、アジアなど海外に展開するが、国内事業が13%増の25億6400万円に対し、海外事業が57%増の23億円と大きく伸びた。営業黒字も2億8000万円を計上した。

「一刻魁堂」「ロンフーダイニング」のJBブレイン、北陸を地盤とする「8番らーめん」のハチバンはそろって20%台の大幅増収を達成した。九州を中心に「山小屋」「ばさらか」などをFC(フランチャイズ)主体に展開するワイエスフードも13%の2ケタの売上増を確保した。一方、営業損益はハチバンが3年ぶりに黒字に戻した一方、JBブレイン、ワイエスフードが赤字圏にとどまった。

原材料・エネルギー価格上昇が圧迫要因に

通期業績は5社すべてが2ケタの増収と営業黒字を見込む。想定通りなら、幸楽苑HD、JBイレブン、ハチバンは2020年3月期以来3年ぶりの営業黒字となる。力の源HDは3割の増益を予想する。ワイエスフードは7年ぶりの営業黒字を目指しているが、その額は100万円に過ぎない。

店舗運営を巡っては人件費や原材料・エネルギー価格の上昇が圧迫要因として重くのしかかっており、各社とも利益確保に四苦八苦する展開が避けられそうにない。

◎ラーメン上場各社の2022年4~6月期業績(下段は通期=2023年3月期見通し。単位億円、カッコ内は前年同期比増減率。△は損失)

社名 売上高 営業利益 店舗数
幸楽苑HD 62(0.7%減) △3.4(-) 440
280(12%増) 3(-)
力の源HD 54(31%増) 2.8(15倍) 278
237(22%増) 13(32%増)
ハチバン 17(27%増) 0.37(-) 285
74(25%増) 1(-)
JBイレブン 16(21%増) △0.75(-) 113
78(28%増) 1.3(-)
ワイエスフード 3.2(13%増) △0.15 136
14(9.9%増)
0.01(-)

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

「一風堂」「ビアードパパ」「カプリチョーザ」など コラボで活路

「一風堂」「ビアードパパ」「カプリチョーザ」など コラボで活路

2022-06-29

飲食業で、売り上げアップの狙いに加え、来日外国人旅行客(インバウンド)の入国制限の緩和や、海外旅行の再開などの動きを踏まえたコラボの動きが広がってきた。コロナ禍で大打撃を受けた業績の立て直しにつながるだろうか。