トップ > ビジネスと経済 > フードビジネス >大庄が32店舗の大量閉店決定、通期予想を黒字から赤字へ修正

大庄が32店舗の大量閉店決定、通期予想を黒字から赤字へ修正

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
庄や 矢向店

居酒屋店「庄や」を運営する大庄が、2022年7月15日に業績の下方修正を発表しました。2022年8月期は4億5,500万円の純利益を予想していましたが、7,600万円の純損失へと一転。6月から8月にかけて32店舗もの退店を決定し、店舗閉鎖等に係る減損損失1億3,900万円の減損損失が業績に大きく影響しました。

大庄は新型コロナウイルス感染拡大以降、カラオケ事業をコシダカホールディングス<2157>に事業譲渡するなど、選択と集中を進めていました...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY