M&A速報

クオール<3034>、医療・医薬専門人材派遣のアポプラスステーションを子会社化

2012/10/15

クオールは、医療・医薬専門の職業紹介、派遣事業を手がけるアポプラスステーション(東京都千代田区。売上高52億4000万円、営業利益1億5400万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

アポプラスステーションは1993年創業で、薬剤師や看護師、保健師など医療関連の人材紹介事業を展開。1998年には国内企業として初めて医療情報担当者(MR)の派遣を中心とした受託事業に参入し、業界トップクラスの地位にある。クオールは子会社化により人材紹介・派遣事業のノウハウを共有し、非調剤事業の成長・拡大を目指す。

取得するのは普通株式1万6400株、A種株式720株、新株予約権864個。取得価額は合計で32億3000万円(アドバイザリー費用など含む)。取得予定日は2012年10月31日。

関連の記事

[調剤薬局業界のM&A]大手同士の合併や再編が進むなか、調剤薬局のM&Aはさらに活発に

[調剤薬局業界のM&A]大手同士の合併や再編が進むなか、調剤薬局のM&Aはさらに活発に

2017/10/20

調剤薬局業界は市場形成からまだ歴史は浅いものの、国内でも希有な市場拡大が続いている業界として知られる。最近は調剤を行うドラッグストアが増えており、競争が激化している。業界最大手であるアインファーマシーズですら業界シェアはわずか数%だ。

【クオール】調剤薬局業界のM&Aの波を生き抜く

【クオール】調剤薬局業界のM&Aの波を生き抜く

2016/09/09

業界再編・集約化が進む調剤薬局業界。プレミアムが付きやすい状況下にあるものの、全株式で40億円という大きなプレミアムを付け、業界内でも大きな話題となったアルファーム買収劇。それを実行したクオールの沿革と、その戦略をひもとく。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5