M&A速報

クオールホールディングス<3034>、茨城県・大阪府で調剤薬局7店舗を取得

2020/08/03

クオールホールディングスは、調剤薬局を茨城県内で6店舗、大阪府内で1店舗の計7店舗を取得した。同社は東名阪エリアでの店舗網拡充を出店戦略の一つに据えている。

取得したのは、あおぞら薬局の金沢店(日立市)、大和田店(同)、メイプル薬局(龍ケ崎市)、メイプル薬局の日立店(日立市)、取手店(取手市)、双葉台店(水戸市)、ラポール美原薬局(堺市)。取得価額、取得日、取得相手などは非公表。

関連の記事

[調剤薬局業界のM&A]大手同士の合併や再編が進むなか、調剤薬局のM&Aはさらに活発に

[調剤薬局業界のM&A]大手同士の合併や再編が進むなか、調剤薬局のM&Aはさらに活発に

2017/10/20

調剤薬局業界は市場形成からまだ歴史は浅いものの、国内でも希有な市場拡大が続いている業界として知られる。最近は調剤を行うドラッグストアが増えており、競争が激化している。業界最大手であるアインファーマシーズですら業界シェアはわずか数%だ。

【クオール】調剤薬局業界のM&Aの波を生き抜く

【クオール】調剤薬局業界のM&Aの波を生き抜く

2016/09/09

業界再編・集約化が進む調剤薬局業界。プレミアムが付きやすい状況下にあるものの、全株式で40億円という大きなプレミアムを付け、業界内でも大きな話題となったアルファーム買収劇。それを実行したクオールの沿革と、その戦略をひもとく。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5