M&A速報

クオール<3034>、調剤薬局経営のテイオーファーマシーとテイオードラッグを子会社化

2010/01/29

クオールは保険調剤薬局経営のテイオーファーマシー(高松市。売上高22億5000万円、営業利益5800万円)とテイオードラッグ(高松市。売上高7億1400万円、営業利益2300万円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

テイオーファーマシーとテイオードラッグは香川や岡山など中国・四国地方に店舗を展開している。クオールは未進出地区の香川、岡山、広島、島根で営業拠点を確保し、両社のノウハウを共有することでよりよい医療サービスの提供を目指す。

取得価額は非公表。取得予定日は2010年2月22日。

関連の記事

[調剤薬局業界のM&A]大手同士の合併や再編が進むなか、調剤薬局のM&Aはさらに活発に

[調剤薬局業界のM&A]大手同士の合併や再編が進むなか、調剤薬局のM&Aはさらに活発に

2017/10/20

調剤薬局業界は市場形成からまだ歴史は浅いものの、国内でも希有な市場拡大が続いている業界として知られる。最近は調剤を行うドラッグストアが増えており、競争が激化している。業界最大手であるアインファーマシーズですら業界シェアはわずか数%だ。

【クオール】調剤薬局業界のM&Aの波を生き抜く

【クオール】調剤薬局業界のM&Aの波を生き抜く

2016/09/09

業界再編・集約化が進む調剤薬局業界。プレミアムが付きやすい状況下にあるものの、全株式で40億円という大きなプレミアムを付け、業界内でも大きな話題となったアルファーム買収劇。それを実行したクオールの沿革と、その戦略をひもとく。

M&A速報検索

クリア