優秀な人材を惜しみなく投入を

3. PMIを成功に導くためのポイント(その2)

十分な人材を確保しておくPMIフェーズで早期にシナジー効果を実現するためには、相手企業の主体性にのみ任せるのではなく、自社の人材と時間を十分に投じることを見据えておく必要がある。

PMIに必要な労力は通常の業務とは比べ物にならないほど膨大であり、自社の優秀な人材をPMIフェーズにおいて惜しみなく投入することがM&Aの成功には不可欠であるといっても過言ではない。

4.繰り返しとなるが、M&Aを成功させるためには、PMIの重要性を経営トップが認識し、自社、外部アドバイザー、相手企業をも巻き込んだ十分な人材で、常に前倒しの準備を行っていくことが重要となる。そのうえで、企業価値を向上させることができれば、そのM&Aは成功したと言える。

(参考文献:Working Paper No. 306 わが国企業におけるM&A の成否評価とPMI の実態~アンケートによる実態調査研究にもとづいて~)

文:M&A Online編集部