マスク氏、ツイッター買収を中止したら違約金で「破産」する?

alt
買収を破棄すれば違約金を課せられるマスク氏(Photo By Reuters)

「買うの?それとも買わないの?」ツイッター買収で合意した米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が「心変わり」したのではないかとの情報が飛び交っている。合意によると、マスク氏が買収計画を一方的に破棄した場合は10億ドル(約1300億円)の違約金を支払う義務があるという。マスク氏にとっては、大きな痛手になるのではないか?

マスク氏に違約金の「痛手」なし

結論を先に言えば、違約金を支払っても痛くも痒くもない。マスク氏の2020年の報酬総額は約66億ドル(約8500億円)。2021年の報酬総額は明らかになっていないが、マスク氏は同年の納税額は110億ドル(約1兆4000億円)以上とツイートしている。

昨年の米国所得税の最高税率は、連邦レベルの税率と州レベルの平均税率を合わせて42.9%。逆算すればマスク氏の昨年の報酬総額は約256億ドル(約3兆3000億円)となる。

一昨年に比べて昨年の報酬額が高騰したのは、テスラのストックオプション(新株予約権)による報酬の行使期限を目前に控え、同社株を段階的に売却したため。売却額だけでも140億〜200億ドル(約1兆8000億〜約2兆6000億円)と見られている。マスク氏にとって10億ドルの損失など、節税対策にすらならないほどの「はした金」にすぎない。

NEXT STORY

ツイッター、マスク氏が秘密保持契約違反と苦情

ツイッター、マスク氏が秘密保持契約違反と苦情

2022/05/18

電気自動車(EV)大手テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏は5月14日、ツイッターの法務担当チームから、秘密保持契約の対象となる情報を公表したと非難されたと明かした。