マスク氏、ツイッター買収計画破棄なら違約金10億ドル

alt
2022年 ロイター/Lucas Jackson

マスク氏、ツイッター買収計画破棄なら違約金10億ドル

[26日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、米ツイッターの買収計画を破棄した場合に10億ドルの違約金を支払わなければならないことが、ツイッターが26日に行った当局への届け出で分かった。

必要となる株式や借り入れ、マージンローンで資金が調達できず、買収計画が頓挫した場合が、マスク氏による違約金支払い条件の1つとなっている。

ツイッターは25日、マスク氏が借り入れとマージンローンで255億ドルを確保し、210億ドルのエクイティファイナンスを提供すると発表した。

一方、ツイッターは「ノーショップ条項」(売り主が自発的に他の買い主候補を勧誘することは禁止するが、第三者からの自発的な提案については、一定の要件が満たされた場合に限り、交渉を認める条項)を結んでおり、特定の状況下では同じく10億ドルの違約金を支払う必要がある。

届け出によると、買収は手続きが10月24日までに完了しない場合に打ち切られる可能性がある。反トラスト規則や外国投資規則など特定の条件を満たすため、期限をさらに半年間延長することは可能となっている。

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン

ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。2,500人以上のレポーターと 200以上の拠点を擁し、世界中で生み出される質の高いロイターのニュースは、16を超える言語で毎日配信され、世界各地の数十億人に届けられるなど、その規模は業界随一を誇ります。1851年の設立以来、独立性、高潔性、中立性を柱とする信頼の原則を一環して守り続けています。揺るぎない信頼性をこれからも維持したまま世界各地からニュースをお届けできるよう、たゆまぬ努力を続けていきます。

NEXT STORY

コーポレートガバナンスを考える イーロン・マスクによるTwitter買収提案にみるM&Aの役割

コーポレートガバナンスを考える イーロン・マスクによるTwitter買収提案にみるM&Aの役割

2022/05/16

電気自動車大手のTeslaのCEOであるElon Musk(イーロン・マスク)氏がSNS大手のTwitterに買収提案を行い、Twitterがこれを受け入れたことが話題となっている。米国におけるM&Aの役割とは何なのか。