ホテルショコラが民事再生へ、負債総額は約51億円

alt
東京・吉祥寺

~チョコレートブランド「ホテルショコラ」運営会社~

(株)ホテルショコラ(TSR企業コード:028957962、法人番号:3440001008359、渋谷区渋谷2-24-12、設立2018(平成30)年7月、資本金500万円、代表:長瀬寛幸氏ほか)は7月28日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し同日、保全命令が下りた。申請代理人は渡辺宗彦弁護士(ブレークモア法律事務所、千代田区霞が関1-4-1、電話03-3503-5571)。
 負債総額は約51億円。

ホテルショコラの店舗看板©東京商工リサーチ

 イギリス企業のチョコレートブランド「ホテルショコラ」の本格的な日本進出を目的に設立された。「ホテルショコラ」はイギリスでは100カ所以上の店舗とチョコレートスクールなどを展開し、知名度を有していた。
 日本国内では当社設立後、商業施設などにチョコレート販売店を設置。一部店舗ではカフェも併設し、カカオドリンクやアイスクリームなども提供して積極的な出店を進めるほか、オンラインショップにも注力していた。
 「新型コロナウイルス」感染拡大による一部店舗の休業などを余儀なくされたものの、コロナ禍のなかでも新規出店を重ね、全国で約30店舗まで拡大し、2021年6月期は売上高約10億円をあげていた。
 しかし、事業の急拡大で資金需要も増していたうえ、コロナ禍の長期化や為替変動などから事業環境が悪化。イギリス企業からの支援も弱まり、資金繰りがひっ迫し、今回の措置となった。
 なお、店舗の運営は継続している。

東京商工リサーチ「TSR速報」より

東京商工リサーチ

世界最大4億5千万件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:https://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

「物価高倒産」が急増、2018年以降で最多に ホテルショコラも力尽き

「物価高倒産」が急増、2018年以降で最多に ホテルショコラも力尽き

2022/08/10

帝国データバンクが、物価高が原因の倒産件数を調べたところ、2022年1-7月は116 件に達しており、調査を始めた2018年から、2021年までの4年間の年平均の110件(累計は442件)を上回ったことが分かった。