ツイッター、マスク氏が秘密保持契約違反と苦情

alt
2022年 ロイター/Aly Song

ツイッター、マスク氏が秘密保持契約違反と苦情

[14日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏は14日、ツイッターの法務担当チームから、秘密保持契約の対象となる情報を公表したと非難された、と明かした。

マスク氏は「ツイッターの法務(チーム)が苦情を申し立ててきた。私がチェックするボット(自動投稿プログラム)のサンプル数を100だと表明したのは秘密保持契約違反だということだ」と投稿した。

同氏は13日、ツイッターの買収手続きを一時保留すると述べ、スパムや偽のアカウントがツイッター側の推定通り本当に実際の利用者の5%未満かどうか確認するためだと説明。

その後、ユーザーの1人からボットのアカウントについてフィルタリングを行うのかとの質問に回答する形で「私はサンプル数として100を選んだ。なぜならこの数字を、ツイッターがスパムや偽のアカウントは全体の5%未満と計算する際に使っているからだ」と述べていた。

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン

ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。2,500人以上のレポーターと 200以上の拠点を擁し、世界中で生み出される質の高いロイターのニュースは、16を超える言語で毎日配信され、世界各地の数十億人に届けられるなど、その規模は業界随一を誇ります。1851年の設立以来、独立性、高潔性、中立性を柱とする信頼の原則を一環して守り続けています。揺るぎない信頼性をこれからも維持したまま世界各地からニュースをお届けできるよう、たゆまぬ努力を続けていきます。

NEXT STORY

マスク氏、ツイッター買収計画破棄なら違約金10億ドル

マスク氏、ツイッター買収計画破棄なら違約金10億ドル

2022-05-17

4月26日、米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、米ツイッターの買収計画を破棄した場合に10億ドルの違約金を支払わなければならないことが、ツイッターが行った当局への届け出で分かった。