menu
Social media

法律・マネー

[法人税] DES(債権の株式化)の課税上の論点とは?

Cover 77be285b 09cc 44d0 a5b3 5f2a0469bffc

 相続税対策で、「法人税の課税リスクの説明を怠ったため、損害を受けた」として裁判になった事例がありました。一審では、DESにおける債務消滅益課税の説明義務を怠ったと認定されたようです。

 DESは「Debt Equity Swap」(デット・エクイティ・スワップ)の略で、日常会話的には「DES」(デス)と呼ぶことが一般的です。

 DESの手続き自体は複雑なものではありません。現物出資(会社法207条)の一類型であり、債務者に対する債権が現物出資財産である場合に限って「DES」と呼ぶ、というだけの話です。

 オーナー会社におけるDESによる相続税の節税は、市販の節税対策本にもよく載っているので、ご存知の方も結構いらっしゃると思います。

 オーナーが自分の会社に対して有する貸付金債権を株式に変えることで、債権としての評価ではなく、株式としての評価にすることで相続税を軽減する、という手法です。

税制・税務

NEXT STORY

【ツルハホールディングス】ダイナミックなM&Aで2000店舗・売り上げ7000億円を目指す

【ツルハホールディングス】ダイナミックなM&Aで2000店舗・売り上げ7000億円を目指す

イオングループ傘下でグループをけん引しつつ、独自路線・独自ブランドを崩さないツルハホールディングス。当時時価において約75億円相当の株式を割り当てた、くすりの福太郎の子会社化などビッグディールを含め、その歴史をひもといてみる。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333