menu
Social media

法律・マネー

【中小企業のM&A】M&Aのタックスプランニング

Cover e64dc640 1625 4dde 9fea f99a6994a196

M&Aのタックスプランニング

M&Aでは、手法や手続きひとつで負担する税金も異なってきます。譲渡額 (売却額) が高くても、手取りが少なくなるM&Aは、売り手にとって魅力的なM&Aとはいえないでしょう。

特に税金はキャッシュ・フローに大きな影響を与えますので、正当な範囲で税金そのものの発生を抑える節税方法や税金の支払時期を遅らせる方法などをよく考えること (タックスプランニング) が必要です。

M&Aに関わる税金としては、所得税、法人税だけではなく、相続・贈与税、消費税、不動産取得税、登録免許税などから、場合によっては、連結納税、国際課税等が関係するケースもあり、専門的な知識が必要となります。なかでも注意が必要なのが、「所得税」と「法人税」です。

M&Aの手法によって誰が税金を納めるのかが異なります。売り手にとっては手取りの増加、買い手にとっては節税メリットとなりますので、タックスプランニングについては、M&Aアドバイザーや税理士など専門家のアドバイスを受けるとよいでしょう。

M&Aの税金は優遇されている

株式を譲渡したときの課税(譲渡所得課税)は一律20%(所得税15%※、住民税5%)であるのに対し、給与所得は累進課税(所得税5%~45%)です。※平成25年~平成49年は復興特別所得税(基準となる所得税額の2.1%)が別途課されます。

株式譲渡金額がある程度大きい場合は株式譲渡による税金は給与所得に課される税金に比べ少なくなります。

例えば、10年間、毎年5,000万円の給与を得た場合、10年間で課される税金は24,704万円となり、手取り額は2億5,296万円となります。
 所得税:(5,000万円×45%-279.6万円)×10年=19,704万円
 住民税:5,000万円×10%×10年=5,000万円

これに対し、1000万円出資して設立した会社を5億円で売却した場合、税金は9,800万円となり、手取り額は4億200万円となります。
 (5億円-1,000万円)×20%=9,800万円

つまり、株式譲渡によると、手取り額が1.5億円ほど増加します。 
※所得税、住民税は所得控除を考慮していません。
※住民税は東京都の税率で計算しています。また、均等割りは考慮していません。

税制・税務

NEXT STORY

ベンチャーM&A速報:産業IoT分野のM&Aに注目!AspenTechがMtellを買収

ベンチャーM&A速報:産業IoT分野のM&Aに注目!AspenTechがMtellを買収

米国では産業IoTの分野ではメーカーが積極的に買収や資金調達を行っているようです。最新の動向をTransCap代表の坂崎昌平氏がシリコンバレーからお伝えします。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344