買い手企業は、できることなら投資回収を早めに済ませて事業の成長や次の買収に資金を使用したいところです。そのためには税金の支払いを抑制する工夫が大切といえるでしょう。

M&Aのタックスプランニングの考え方

税金そのものの発生を抑える
 売り手は手取り額の増加、買い手は総投資額の節減となります
税金の支払い時期を遅らせる
 売り手・買い手の双方にとって資金繰り上のメリットがあります

買い手企業が支払う税金とは

基本的には買い手に税金はかかりません。ただし事業譲渡の場合、固定資産などの課税資産に消費税がかかります。