menu
Social media

法律・マネー

【中小企業のM&A】手法別にみる買い手の税金対策

Cover 785e58e2 db59 4bcc 965b 2b2a868ef4d2

買い手企業は、できることなら投資回収を早めに済ませて事業の成長や次の買収に資金を使用したいところです。そのためには税金の支払いを抑制する工夫が大切といえるでしょう。

M&Aのタックスプランニングの考え方

税金そのものの発生を抑える
 売り手は手取り額の増加、買い手は総投資額の節減となります
税金の支払い時期を遅らせる
 売り手・買い手の双方にとって資金繰り上のメリットがあります

買い手企業が支払う税金とは

基本的には買い手に税金はかかりません。ただし事業譲渡の場合、固定資産などの課税資産に消費税がかかります。

税制・税務

NEXT STORY

相次ぐIoT分野のM&A;米国のIoT関連投資は2.6兆円に

相次ぐIoT分野のM&A;米国のIoT関連投資は2.6兆円に

米国ではIoT分野のM&Aが相次いで発表されています。調査会社のIDCによると米国IoT関連の投資は2.6兆円に達する見込みとのこと。最新の動向をTransCap代表の坂崎昌平氏がシリコンバレーからお伝えします。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344