ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【中小企業のM&A】手法別にみる買い手の税金対策

alt

買い手企業は、できることなら投資回収を早めに済ませて事業の成長や次の買収に資金を使用したいところです。そのためには税金の支払いを抑制する工夫が大切といえるでしょう。

M&Aのタックスプランニングの考え方

税金そのものの発生を抑える
 売り手は手取り額の増加、買い手は総投資額の節減となります
税金の支払い時期を遅らせる
 売り手・買い手の双方にとって資金繰り上のメリットがあります

買い手企業が支払う税金とは

基本的には買い手に税金はかかりません。ただし事業譲渡の場合、固定資産などの課税資産に消費税がかかります。

NEXT STORY

【中小企業のM&A】手法別にみる売り手の税金対策

【中小企業のM&A】手法別にみる売り手の税金対策

2016/11/22

M&Aでは、手法や手続きひとつで負担する税金が異なってきます。退職金をうまく利用することで、手取額を増やすことができます。実際にM&Aでよく行われる手法ごとにみていきましょう。