menu
Social media

【時事】ヤフーのM&Aをめぐる追徴課税は何が問題なのか?

Cover f33e9a28 ff16 4869 b5f8 1985463d3b6d
画像はイメージです。

ヤフーのM&Aをめぐる追徴課税は何が問題なのか?

 ヤフーは、M&Aをめぐる赤字の算入に関連した訴訟で敗訴が続いているようだ。どのような訴訟で、どういった争点があるのだろうか。畑中孝介税理士に聞いた。

 訴訟の事実関係の概要をまとめると次のとおり。

 2009年ヤフーは、約540億円の繰越欠損金のあるソフトバンクのグループ会社(ソフトバンクIDCソリューションズ、以下IDCS)をソフトバンクから買収、その繰越欠損金を算入したが認められず、追徴課税が行われた。訴訟はそれに対する取り消しを求めたというもの。

 では、何が争点となっているのだろうか。「株式持ち分50%以下の企業を合併した時の租税要件となる『共同事業要件』を満たしたかどうかをめぐって争っています」と畑中税理士は説明する。

「共同事業要件」とは、株式持ち分50%以下の企業を合併した場合でも、その企業が持つ繰越欠損金を合併後に算入するための条件のこと(なお、株式50%以上を5年以上保有していれば、繰越欠損金の算入は認められている)。

「共同事業要件としては、合併を行う企業同士の事業が相互に関連していること(事業関連性要件)や、合併される企業の経営者が合併後の会社でも役員としての実体があること(特定役員引継ぎ要件)などが税法上で定められています。これらが満たされなければ、赤字の算入は認められていません」(畑中税理士)

 そもそもなぜ、このように要件が厳格化されたのかについて、「01年前後のライブドアやグッドウィルなどによる租税回避を目的としたと見られる合併が横行したこと」(畑中税理士)が挙げられるという。

 当時、ライブドアやグッドウィルは大きな赤字を抱える小さな企業の買収を頻繁に行い、合併後は対象企業が行っていた事業をやめ、関係する人員を解雇するなどした。赤字を買う、つまり「節税のためだけ」の合併を行ったといわれている。

「このような合併を防止するために『共同事業要件』は徐々に厳格化、その要件を満たして初めて、繰越欠損金の算入を認めるようになったのです」(同)。

関連のM&Aニュース

アストマックス<7162>、連結子会社の株式の一部をヤフー<4689>に譲渡

ソフトバンクグループ<9984>、世界有数のテクノロジー企業ARMを完全子会社化

ヤフー<4689>、イーブックイニシアティブジャパン<3658>を公開買付けにより連結子会社化

サイバーエージェント<4751>、子会社マイクロアドの株式の一部をソフトバンク<9984>に譲渡

エイベックス・グループHD<7860>、ソフトバンクグループ<9984>との合併会社を完全子会社化

ヤフー<4689>、一休<2450>を公開買付けへ

ソフトバンク<9984>、米・スプリント・コーポレーション株式を追加取得

ヤマダ電機<9831>、ソフトバンクと資本業務提携

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の株式の一部を売却

ヤフー<4689>、連結子会社カービュー<2155>を公開買付。

ヤフー<4689>、シナジーマーケティング<3859>を公開買付け

ヤフー<4689>、クレジットカード会社を228億円で買収。

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>によるスーパーセルの株式の取得を発表。

ソフトバンク<9984>、連結子会社による公開買付けを開始。

ソフトバンク<9984>、完全子会社であるイー・アクセスの一部株式を譲渡。

ソフトバンク<9984>とイー・アクセスとの株式交換が完了。

ソフトバンク<9984>、スプリント買収(子会社化)に要する資金調達契約を締結。

ヤフー<4689>、サイバーエージェントFXを買収。

ヤフー<4689>、カービュー<2155>株式を取得し子会社化。

ソフトバンク<9984>、イー・アクセス<9427>を株式交換によって完全子会社化。

ヤフー<4689>、Bharti グループとインドで共同事業を開始。

ソフトバンク<9984>、動画配信の米Ustreamへ出資

ヤフー<4689>、オーバーチュアを吸収合併

NEXT STORY

不祥事M&A10選(前編)

不祥事M&A10選(前編)

2015年は、東芝の不適切会計やフォルクスワーゲンの排ガス不正問題など相次ぎました。過去の不祥事からM&Aに至った事例を編集部がピックアップしてみました。


注目の記事

Thumb cd1f2000 535d 421c 8b7a 2313d2ab08a5

【ソニー】海外メディアも注目。音楽市場で繰り広げるリカーリング型事業

ソニー<6758>が、仏音楽会社ビリーブデジタルを400~500 億円で買収する方向で最終調整に入った。今回の買収で対象となった仏音楽会社のビリーブデジタルは主にインディーズ(独立系)の楽曲をインターネット配信大手に配給している。

Thumb 267db93a 7fee 4545 a567 b7e582b16d54
Thumb 9736abcb 9e5a 4869 979c 594e24829570
Thumb bf627116 d3d5 4566 9e38 9e659ddb6749