menu
Social media

【時事】そんなのアリ? 日本IBMの巨額節税のカラクリ

Cover 1fc9e766 0079 475b bd5e af7310391f39

画像はイメージです。

 IBMは過去に行った巨額の節税に関する訴訟で地裁、高裁と勝訴が続いている。どのような争点があるのだろうか。「『みなし配当』と『連結納税』の組み合わせで、IBM側が大幅な節税を達成した」と畑中孝介税理士は説明する。

 訴訟について、事実関係をまとめると次のとおり。2002年、米IBMは、同社の子会社である有限会社アイ・ビー・エム・エイ・ピー・ホールディングス(以下IBMH)に日本アイ・ビー・エム(以下日本IBM)株を売却、日本IBMの持ち株会社とした。その上で、IBMHは、所有する株の一部を日本IBMに購入と同等の対価で数回にわたって売却。

 購入と同等の対価で売却したのであれば、譲渡損益はゼロのはずである。しかし、実際にはその都度、譲渡損を計上、最終的に約4000億円弱に達した。

「これを実現したのが、自社株購入による『みなし配当』の適用です。『みなし配当』とは、自社株を購入した際、その対価のうちの一定分(資本金相当分以外)を配当としてみなすことができる制度です。相手の自社株を法人が売却した際、このみなし配当は『益金不算入』(利益としない)とすることが当時は無制限に認められていました」(畑中税理士)

 そこで、売却した対価のうちの一部をみなし配当とし、みなし配当分を減額した譲渡額と取得額の差を損益として計上。さらに、親会社と子会社の損益を合算して納税できる「連結納税」を利用。この譲渡損と日本IBM社の黒字を相殺して利益を減少させ、大幅な節税を達成した。

「税務署は、このような措置は租税回避のためで経済合理性がないとして、課税処分としましたが、IBM側が訴訟を起こし、勝訴が続いているわけです。心情的には課税逃れとしか言いようがありませんが、武富士事件と同様、『租税法律主義』の原則上、当時のIBMの行為は法律にのっとった行為であり正当であると考えられます」と畑中税理士は話す。

 さすがIBM、ともいえそうだが、10年からは規制が強化され、これとまったく同じスキームによって節税することは現状認められないという。このように、一時の節税で勝利しても、長期的には規制の強化という結果を招くこともあるようだ。

畑中孝介(はたなか・たかゆき) 略歴および著書紹介

税理士(ビジネス・ブレイン税理士事務所)
1974 年北海道生まれ。横浜国立大学経営学部会計情報学科卒業。
企業の連結納税や組織再編に関する知見を持ち、上場企業の子会社から中小企業・公益法人・独立行政法人・ファンドまで幅広い企業の税務会計顧問業務を行う。また、近年では種類株や信託、持株会社を活用した事業承継戦略の立案に注力している。戦略的税務・事業承継・税制改正などに関するセミナーや、「旬刊・経理情報」「税務弘報」「日刊工業新聞」「日経産業新聞」「銀行実務」など新聞・雑誌への執筆も精力的に行っている。

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

NEXT STORY

【M&A基礎講座】節税効果もある?「概算取得費」とは?

注目の記事

Thumb 92b587ec 0671 471d 8dd3 5d58627a4ed4

英投資ファンド・ペルミラの誤算、スシローは回転しすぎてもはや賞味期限切れに

M&A Online編集部です。今回から隔週でビールを飲む理由@麦とホップさんによる「フードビジネスとM&A」の連載が始まります。今回はスシローを中心に回転寿司ビジネスをテーマにお届けします。

Thumb 7ef6eb2f f6ad 41d2 a879 e351e640771d
Thumb f3c648a3 4804 433a 8d16 1aecd7a2a8fe
Thumb d5fd8cbc 4e0b 42d6 b4b0 e36ecbd4441c