EBITDA倍率(EV/EBITDA) が6倍台になった原因

つまり、EBITDA倍率(EV/EBITDA) 6倍台になった原因は、分母のEBITDAが景気回復と企業努力により急激に拡大した一方で、純有利子負債がマイナスなり、時価総額の上昇分を相殺しているため、企業価値が利益の成長に比して伸びていないからだと捉えられます。

既に多くの識者により指摘されていますが、優良企業を中心に、獲得した資金を社内に蓄積し(または借金の返済を優先し)投資や雇用の拡大にそれほど投下していないことが、この分析からも見てとれます。

日本企業が近年このような行動をとり続けていることは既に多くで指摘されていますが、上記グラフからも同様のことが読み取れます。

一方で2018年3月期のEV/EBITDA倍率はどうでしょうか。7.1倍と2年連続の6倍台からは脱却しています。

しかし、グラフを見ればわかる通り、これは2018年に過去に続いてさらに力強く株価が上昇し、時価総額が増加した結果と言えます。その結果、現金超過額(マイナスの純有利子負債)は3年連続で拡大し、2018年3月期には80兆円に達しています。これは、GDP(2018年3月期:約550兆円)の7分の1にあたる大きな額です。

こう考えると、EV/EBITDA倍率が6倍台~7倍前半という水準は、市場が日本経済を「割安評価をしている」のではなく、「成長に疑問を持っている。(適切な投資選択肢が見いだせてない)」という、「評価の変わり目」である可能性があります。

次回に続く

IGNiTE PARTNERS ホームページより転載