menu
Social media

法律・マネー

【ストックオプション事例研究】アドバンスクリエイト新株予約権(有償ストックオプション)の発行

Cover 5232a9b2 4ed8 467d 9c33 f19a8b08a62e

株式会社アドバンスクリエイト

株式会社アドバンスクリエイト<8798>は、発行価額1円(前日終値1,579円の0.06%)という低目のバリュエーションでの有償ストックオプション発行となりました。これは、平成28年9月期の経常利益が9.2億円のところ、ストック・オプションの行使条件として、平成29 年9月期から平成 31 年9月期までの3事業年度のうち、 いずれかの期の経常利益が15億円を超過した場合のみ行使可能としている点、さらにこの条件に加え、「平成 29 年9月期から平成 31 年9月期 のいずれかの期の経常利益が 10 億円を下回った場合、それ以降に当該条件を充たしたとしても、本新株予約権を行使することはできない。」という、厳しい条件を課していることによるものと考えられます。

・業種:生命保険・損害保険の保険代理店事業
発行会社Webへのリンク

・11/11 募集新株予約権(有償ストック・オプション)の発行
プレスリリースへのリンク

・アドバンスクリエイトがストックオプションの行使条件(業績条件)に用いている指標は「経常利益」です。

発行日発行価額前日終値行使価額発行価額/時価
2016/11/111円/株1,579円1,579円/株0.063%
新株予約権の数希薄化効果株価変動性配当利回り無リスク利子率行使期間
4,000個
(1個当たり100株)
3.60%24.36%2.85%-0.209%3年 (H30/1/1 ~ H33/11/30)

*希薄化効果 = 増加普通株式数 ÷ 発行済株式総数

企業価値評価・株価算定

NEXT STORY

会社の保有している資産に着目する企業評価方法 ~純資産価額法~

会社の保有している資産に着目する企業評価方法 ~純資産価額法~

成熟企業や衰退基調にある企業を評価する際などによく使われる「純資産価額法」について解説します。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344