企業価値の記事一覧

東芝が複数のPEファンドと対話、企業価値向上へ意見交換=関係者

東芝が複数のPEファンドと対話、企業価値向上へ意見交換=関係者

統治問題に揺れる東芝が、企業価値向上に向けた戦略について米KKRや米ベインキャピタルなど複数のプライベートエクイティ(PE)ファンドと意見を交わしていることが分かった。事情を知る複数の関係者が明らかにした。

記事を読む
「企業価値経営」|編集部おすすめの1冊

「企業価値経営」|編集部おすすめの1冊

M&Aを実施するうえで重要な企業価値評価。企業価値をどう把握し、経営分析に活かすための理論を紹介する1冊だ。大手企業の事例紹介はあるがデータが中心で「補足」の位置づけ。実務書ではなく理論書だ。日本企業によるM&Aの概況を簡易に解説している。

記事を読む
企業価値評価の代表格「DCF法」はどんなもの?

企業価値評価の代表格「DCF法」はどんなもの?

DCF(ディスカウントキャッシュフロー)法とは、証券投資や不動産投資における収益性を判断するときに用いられる評価手法の一つですが、M&Aにおける企業や事業の価値を評価する代表的な手法でもあります。

記事を読む
「経営者こそ投資家である」|編集部おすすめの1冊

「経営者こそ投資家である」|編集部おすすめの1冊

コロナ・ショック後の企業価値をどう向上していくかというテーマの下、フリーキャッシュフローの創出や投資の判断、株主への還元、資金調達などについて、具体的な事例を紹介しつつ分かりやすく解説している。

記事を読む
幸運が後押しするソフトバンクの「ARM売り」、買い手はどこ?

幸運が後押しするソフトバンクの「ARM売り」、買い手はどこ?

英半導体設計大手のアーム・ホールディングス(ARM)を買収して4年、ソフトバンクグループが同社の売却または再上場に向けて動き出している。ARMの企業価値は340億ドルとみられ「高すぎる買い物」と呆れられたソフトバンクの買収額を上回っている。

記事を読む
「企業価値向上」と「一般株主利益の確保」が一致しないユニゾTOBの難しさ

「企業価値向上」と「一般株主利益の確保」が一致しないユニゾTOBの難しさ

ユニゾホールディングスに対する複数の買い手候補者による買収交渉が続いている。「企業価値向上」と「一般株主利益の確保」が一致しないユニゾTOBの難しさについて、法務アドバイザーの観点から改めて思案してみたい。

記事を読む
ユニゾHD「基本方針」で考える 従業員の雇用保障と「企業価値向上」概念

ユニゾHD「基本方針」で考える 従業員の雇用保障と「企業価値向上」概念

ソフトバンク傘下のフォートレスが行ったTOBに対し、当初賛同を表明していたユニゾHDが一転して意見を保留する旨を決議した。ユニゾの公表資料などを参考に、どこまでステークホルダーである従業員の利益を重視しうるか検討を試みたい。

記事を読む
経済産業省、「公正なM&Aの在り方に関する指針ー企業価値 の向上と株主利益の確保に向けてー」を策定

経済産業省、「公正なM&Aの在り方に関する指針ー企業価値 の向上と株主利益の確保に向けてー」を策定

2019年6月18日、経済産業省が07年に策定した「企業価値の向上及び公正な手続確保のための経営者による企業買収(MBO)に関する指針」を全面改訂。「公正なM&Aの在り方に関する指針一企業価値の向上と株主利益の確保に向けてー」を策定した。

記事を読む
誤解しがちな「株式時価総額」とは

誤解しがちな「株式時価総額」とは

若手起業家の方​と資本政策や調達戦略の話をするとき、なぜか微妙に会話がかみ合わないことがあります。なぜなら「株式時価総額」=「一株当たり株価」×「発行済株式総数」という式で、株式時価総額(会社の価値)を捉えているから。

記事を読む
善玉になってきたアクティビストたち

善玉になってきたアクティビストたち

最近米国では機関投資家がアクティビストの主張を支持するようになり、結局のところ長期的な企業価値が上がっている上場会社が増えてきているようです。

記事を読む
多摩大学大学院 経営者の内面変革に重点 M&Aを学びたい人大集合(3)

多摩大学大学院 経営者の内面変革に重点 M&Aを学びたい人大集合(3)

多摩大学大学院経営情報学研究科藤本江里子客員教授は「中小企業の価値創造と事業承継」をテーマに2018年4月から7月まで15コマのゼミを実施。2019年も同様の内容で開講する。

記事を読む
なぜM&AアドバイザーはEBITDA倍率で語るのか

なぜM&AアドバイザーはEBITDA倍率で語るのか

小規模の国内案件から大規模なクロスボーダー案件まで、M&Aのニュースを目にしない日はありません。買収金額も合わせて公表されることが通常ですが、記事の中にはこの買収金額がなに意味しているか判然としないケースも多くあります。​

記事を読む
企業価値のアプローチと評価手法(最終回)まとめ

企業価値のアプローチと評価手法(最終回)まとめ

これまで計10回にわたり、様々な企業価値の評価手法について数値例を用いて解説してきた。最終回の本稿では、それぞれの評価法についておさらいする。

記事を読む
EBITDA倍率8倍は、結局高いのか安いのか?(続き)

EBITDA倍率8倍は、結局高いのか安いのか?(続き)

VCがベンチャー企業に投資する額は2017年度で1,800億円程度。事業会社が自己資金でベンチャー投資をする金額を合わせても2,000億円程度と米国の20分の1以下でした。GDP比率が2倍であることを鑑みても10倍以上の差です。

記事を読む
EBITDA倍率8倍は、結局高いのか安いのか?

EBITDA倍率8倍は、結局高いのか安いのか?

EV/EBITDA倍率について、しばしばM&Aの際目安とされているが「8倍~10倍」という倍率です。日本のような先進国では、事業の成長性が海外の新興国等に比して低くなるため、8倍程度が妥当と見做されることが多いと思われます。

記事を読む
インカム・アプローチとは?|企業価値のアプローチと評価手法(4)

インカム・アプローチとは?|企業価値のアプローチと評価手法(4)

会社を買収する際、対象会社の買収金額はどう決まるのだろうか? 連載第4回はインカム・アプローチの概要とその考え方について解説する。

記事を読む
「M&Aに欠かせない企業価値、株式価値、事業価値の理解」しっかり学ぶM&A基礎講座(15)

「M&Aに欠かせない企業価値、株式価値、事業価値の理解」しっかり学ぶM&A基礎講座(15)

M&Aに関する情報を正確に理解するためにはこれらの用語の違いを知っておく必要があります。今回は「企業価値」「株式価値」「事業価値」の意味の違いと、それぞれの関係について解説したいと思います。

記事を読む
企業価値評価で考慮すべきプレミアムとディスカウント

企業価値評価で考慮すべきプレミアムとディスカウント

M&Aの実務において、買収価格の決定のために行う業務の一つとして財務デューデリジェンス(財務DD)があります。財務DDは、被買収企業の財務実態を正確に把握するために行うものです。財務DDのスタート地点となる企業価値の評価手法、そしてプレミアムとディスカウントについて解説します。

記事を読む
会社の値段を決める”3つの要素”とは

会社の値段を決める”3つの要素”とは

今回は、会社の値段を決める「3つの要素」についてお話したいと思います。みなさんは「お金持ち」というと、どんな人をイメージしますか?

記事を読む
ピーチ、ANA子会社化の衝撃(1)企業価値5年で7倍に 投資リターン大きく

ピーチ、ANA子会社化の衝撃(1)企業価値5年で7倍に 投資リターン大きく

ANAホールディングスが国内初の格安航空会社(LCC)であるピーチ・アビエーションを子会社化すると発表し、航空業界で大きな話題を読んだ。今回のM&Aの意義を投資家や利用者など様々なステークホルダーの視点で考察する。

記事を読む
コーポレートガバナンスと企業業績の関係

コーポレートガバナンスと企業業績の関係

コーポレートガバナンスは、企業統治と訳されることがあります。今回は、素朴な疑問として、コーポレートガバナンスが強化されれば、企業業績が良くなるのか、というテーマについて考えてみたいと思います。

記事を読む
「コーポレートガバナンス・コードを『そもそも』から理解する(その1)」

「コーポレートガバナンス・コードを『そもそも』から理解する(その1)」

今回は、コーポレートガバナンス・コードの基礎を取りまとめてみた。そもそも「コーポレートガバナンス」とは?金融庁原案と東証コードの違いは?何のためにある?復習の意味で基礎から振り返る。

記事を読む
「親子上場の問題(その1)」

「親子上場の問題(その1)」

日本は親子上場している会社が多い。ソフトバンクとヤフー、日立グループ、NTTとNTTドコモ、キヤノンとキヤノンマーケティングなど有名企業が多く親子上場している。海外では、ロシアのガスプロムのように親子上場しているケースはあるが、少数派だ。今回は、親子上場のメリットとデメリットについて紹介する。

記事を読む
【著名会計事務所に聞くM&Aの現場】企業価値の計り方(第1回)

【著名会計事務所に聞くM&Aの現場】企業価値の計り方(第1回)

M&Aでは企業価値評価が鍵になるが、日本企業の大多数を占める中小企業の評価はどのようにするのか。幅広い知見を持つ髙野総合会計事務所のシニアパートナーで公認会計士・税理士の小宮孝之氏に聞いた。

記事を読む