menu
Social media

ビジネス

M&A成功十訓

Cover aee7c679 7d67 4107 af5b 1c23c08842bd

経営者が会社を手放すというのは、例外なく淋しいものである。会社の行く末や社員を心配する気持ちも手伝って、一度は売ると決めても、「やはり売らないほうがよいのではないか」と迷いが生じるのが普通である。

しかし当事者である売主の経営者がいつまでも迷っていてはまとまる交渉もまとまらない。こうした堂々巡りになってしまった場合、どうしたらよいだろうか。

大事なことは、「そもそもなぜ会社を手放すことを考えたのか」という原点にいちど戻って、「会社を手放して自分は今後どう生きていきたいのか」を考えることだ。

M&Aは結婚に似ている。100%完ぺきなお相手を望んでいるといつまでたってもゴールインはできない。

売り手五訓

一. 売り時を逃すな!

もったいないと思うぐらいの時が「売り時」としてちょうど良い。手放すのが惜しいと思える会社だからこそ買い手がつくのだ。

二. 最終的にはトップの決断だ!

家族や役員に意見を求めても様々な意見が出て往々にして「船頭多くして…」という結果となる。トップの決断であれば皆尊重してくれるものである。

三. 常に企業価値を意識せよ!

魅力のない会社に買い手は現れない。日頃より企業価値を意識した経営をし、相手が欲する会社にしておくことが肝要である。

四. 売却条件の優先順位を明確にせよ!

M&Aは相手がある話である以上すべての要求が通ることはない。条件に優先順位をつけ、相手に歩み寄ることも必要である。

五. 第二の人生設計を明確に描け!

売却後の豊かなセカンドライフを楽しめるのは創業経営者に与えられた特権である。衆目を気にかけずその特権を堂々と享受すべきである。

M&A指南

NEXT STORY

【M&A相談所】その時、どうする ~株主が複数いる場合 ~

【M&A相談所】その時、どうする ~株主が複数いる場合 ~

今回は、非上場企業で「株主が複数いる場合に自分の保有株式だけ売ることはできるのか?」というご質問のケースを取り上げてみます。筆頭株主が親族株主から株式を取りまとめる際の「株式の売買価額」には注意しましょう。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c