取得価額が分からない時に使う「概算取得費」とは?

新入社員:「概算取得費」とはどんなものでしょうか?

先生:「概算取得費」とは、実際にどのような価格で取得したかは別として、このくらいの価格で取得したのではないかと、概算で“みなす”価格です。

新入社員:どういうケースで使われるのですか?

先生:まず、取得した価格が分からない場合です。例えば、先祖から代々受け継いできた土地などで使用されることが多いです。

新入社員:確かに、先祖伝来の土地はいくらで取得したかなど、分かりませんね。どのように計算するのですか?

先生:「概算取得費」は、譲渡価額の5%で計算します。例えば、1億円で譲渡された土地は、500万円で取得したとみなします。

新入社員:随分、安い気もします。

先生:ただ、例えば1億円で売れた土地も、実は明治の頃に2円ほどで取得したものだったとしたらどうでしょう?

新入社員:そう聞くと、500万円でも高いですね。