ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【キーコーヒー】銀座ルノアールと協業強化へ…

alt
キーコーヒーの本社1階に併設するカフェ(東京都港区)

飲食店に出資、コーヒーの安定的販路を確保へ

セルフサービス式コーヒーチェーン店はスターバックスコーヒーやドトールコーヒーなどに代表されるように、カウンターで注文して商品を自分で受け取るスタイル。これに対し、フルサービス式コーヒーチェーン店は店員が席で注文をとり、商品を席まで運んでくれる、いわゆる「昭和の喫茶店」の形態であり、「喫茶室ルノアール」や「ミヤマ珈琲」はここにカテゴライズされる。

フルサービス式店舗は利用者が40~60歳代と幅広く、ゆったりとした座席配置が特徴。ここで、銀座ルノアールの競合となるのが「コメダ珈琲店」を擁するコメダホールディングス<3543>だ。

コメダHDは2017年2月期時点で売上高240億、店舗数747店舗。郊外にとどまらず、都市部にも出店し、今後は海外出店も見据えている。同社はIFRS(国際会計基準)で財務諸表を作成していることから、当初から海外投資家へのアプローチや海外進出を見据えていると考えられる。客層も40~60歳代だけではなく、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用して20~30歳代のニーズを掘り起こす施策を打っている。銀座ルノアールが利用者の高齢化を見据え、定年退職者らをターゲットとしているのを比べ、戦略の違いが鮮明だ。

こうしてみると、フルサービス式店舗の市場も顧客の嗜好の多様化や高齢者の取り込みに応じた細分化が進んでおり、成長余地は多分にあると考えられる。

キーコーヒーはコーヒー事業への依存度が高い。こうした状況から、銀座ルノアールなどの飲食関連事業に出資するのも、コーヒー製品の販路を確保するのが大きな狙いとみられる。一方、銀座ルノアールは、同業のコメダHDに押される中、今後、フルサービス式店舗を展開するうえで、単に新規店舗を増やすだけでは勝ち残れないとの判断があって当然だ。消費者ニーズをとらえた立地、メニュー開発に迫られている。キーコーヒーと銀座ルノアールの資本提携の拡大は、「コメダ珈琲店」をはじめとするフルサービス式コーヒーチェーン業界の競争激化の一端を表したものかもしれない。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【企業力分析】任天堂 営業効率・生産効率が急落の10年

【企業力分析】任天堂 営業効率・生産効率が急落の10年

2016/08/31

今回は、ポケモンGOで話題になっている任天堂を分析した。外を歩かなければならないゲーム性などで、ゲームの不健康なひきこもりイメージを打破したスマホゲーム、ポケモンGO。これほど一気に広まったスマホゲームはないと言われている。コダックと聞いて、ポケモンを思い出す人も写真フィルムを思い出す人もどちらにも分かりやすく分析してみた。