M&A速報

キーコーヒー<2594>、コーヒー豆の焙煎加工通販会社を子会社化

2014/01/31

キーコーヒー(株)(以下「キーコーヒー」)は、コーヒー豆の輸入・焙煎加工・販売、コーヒーショップ経営を事業とするhonu加藤珈琲店(売上高13億4000万円、営業利益△1200万円、以下「加藤珈琲店」)の株式を100%取得して子会社化することを決議した。

キーコーヒーグループは、「ブランド強化」、「収益力の強化」及び「グループ連携強化」を3つの柱として、新たな事業領域の開拓、生活者ニーズに応える商品の開発、顧客との絆を深める事業展開を行っている。

加藤珈琲店は、インターネットを中心にコーヒー豆の焙煎加工販売を展開しており、創業以来増収を続けている通販企業である。

今回の株式取得によって、加藤珈琲店ならではの商品や顧客を活かしながら、成長を続けるEC市場での事業拡大を目指すとしている。

株式譲渡価格は非公表。

株式譲渡実行日は2014年2月3日。

M&Aデータベース

関連の記事

銀座ルノアールが12年ぶりの赤字予想 新型コロナの影響重く

銀座ルノアールが12年ぶりの赤字予想 新型コロナの影響重く

2021/02/11

銀座ルノアールは2月4日、2021年3月期(連結)の純利益が2009年3月期以来、12年ぶりの最終赤字になりそうだと発表した。同社は、店舗閉鎖を進めているほか、都内の8店舗に「ビジネスブース」を開設し、テレワーク需要を取り込む。

【2020年】マツダ・イトーヨーカ堂・横浜銀行…「100年企業」のルーツは?

【2020年】マツダ・イトーヨーカ堂・横浜銀行…「100年企業」のルーツは?

2020/01/06

「TOKYO2020」イヤーの今年に、創業100年の節目を迎える企業は1458社を数える(東京商工リサーチ調べ)。1920(大正9)年生まれを代表する企業をピックアップし、そのルーツを探ってみると。

「イタリアントマト」10年で100店舗以上を閉鎖

「イタリアントマト」10年で100店舗以上を閉鎖

2018/08/26

カフェチェーンのイタリアントマトの国内店舗が、この10年間で100店舗以上減少していることが東京商工リサーチの取材でわかった。既存のイタリアントマト店舗をコーヒー専門店「蔵味珈琲」などに店舗転換しているようだ。

【キーコーヒー】銀座ルノアールと協業強化へ…

【キーコーヒー】銀座ルノアールと協業強化へ…

2018/03/26

キーコーヒーは2月、銀座ルノアールの株式を追加取得した。間接保有を含めた議決権割合は34.19%に。キーコーヒーは2013年に銀座ルノアールを持分法適用関連会社としており、今回の株式取得は2回目。銀座ルノアール株式の追加取得は両社にどんな意味合いが…?

M&A速報検索

クリア