キーコーヒー(株)(以下「キーコーヒー」)は、コーヒー豆の輸入・焙煎加工・販売、コーヒーショップ経営を事業とするhonu加藤珈琲店(売上高13億4000万円、営業利益△1200万円、以下「加藤珈琲店」)の株式を100%取得して子会社化することを決議した。

キーコーヒーグループは、「ブランド強化」、「収益力の強化」及び「グループ連携強化」を3つの柱として、新たな事業領域の開拓、生活者ニーズに応える商品の開発、顧客との絆を深める事業展開を行っている。

加藤珈琲店は、インターネットを中心にコーヒー豆の焙煎加工販売を展開しており、創業以来増収を続けている通販企業である。

今回の株式取得によって、加藤珈琲店ならではの商品や顧客を活かしながら、成長を続けるEC市場での事業拡大を目指すとしている。

株式譲渡価格は非公表。

株式譲渡実行日は2014年2月3日。