M&A速報

銀座ルノアール<9853>、コーヒー関連事業のビーアンドエムを子会社

2012/03/08

銀座ルノアールは、コーヒー豆の仕入れ・販売、コーヒーショップの経営を手がけるビーアンドエム(東京都港区。売上高2億9100万円、営業利益△4000万円、純資産△3億1500万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

ビーアンドエムはカナダが本拠の「BLENZ THE CANADIAN COFFEE COMPANY LTD.」の日本でのマスターフランチャイズ権を持つ。銀座ルノアールは同社を子会社化し、日本市場で「BLENZ COFFEE」のチェーン展開を目指す。

取得価額は非公表。取得予定日は2012年3月31日。

関連の記事

赤字転落のルノアール、粘る椿屋と圧勝するコメダ、その差はどこに?

赤字転落のルノアール、粘る椿屋と圧勝するコメダ、その差はどこに?

2021/02/19

銀座ルノアールは2021年3月期の純損失が21億2,000万円となり、赤字に転落する見込みとなりました。一方、同じくフルサービスカフェのコメダ珈琲は、純利益を35億6,500万円と予想しており、コロナ禍でも好調です。その差はどこにあるのでしょうか?

銀座ルノアールが12年ぶりの赤字予想 新型コロナの影響重く

銀座ルノアールが12年ぶりの赤字予想 新型コロナの影響重く

2021/02/11

銀座ルノアールは2月4日、2021年3月期(連結)の純利益が2009年3月期以来、12年ぶりの最終赤字になりそうだと発表した。同社は、店舗閉鎖を進めているほか、都内の8店舗に「ビジネスブース」を開設し、テレワーク需要を取り込む。

【カフェチェーン比較】コロナ禍でコメダ珈琲の圧倒的強さ浮彫に

【カフェチェーン比較】コロナ禍でコメダ珈琲の圧倒的強さ浮彫に

2020/09/11

第1四半期の決算が出そろったカフェチェーン。コロナ禍で競合を見事に引き離したのがコメダ珈琲でした。軒並み純損失を計上する中、唯一6億2600万円の黒字となっています。強さの秘訣は徹底的なFC化とロードサイド出店にありました。今後も快進撃は続きそうです。

消えた売上高  5兆円が目前「リーガル」「銀座ルノアール」も新型コロナで苦境に

消えた売上高 5兆円が目前「リーガル」「銀座ルノアール」も新型コロナで苦境に

2020/05/23

新型コロナウイルスの影響で業績を下方修正した上場企業の消失した売上高の合計が5兆円に迫ってきた。帝国データバンクが、適時開示情報を基に新型コロナウイルスの影響で業績予想を下方修正した企業について集計した。

「サンマルクカフェ」増益見通しから一転減益に 人件費高騰が足引っ張る 

「サンマルクカフェ」増益見通しから一転減益に 人件費高騰が足引っ張る 

2019/11/23

サンマルクカフェを展開するサンマルクホールディングスが、2016年3月期以来の営業増益を見込んでいた2020年3月期は、4期連続の営業減益に陥る見通しとなった。

【キーコーヒー】銀座ルノアールと協業強化へ…

【キーコーヒー】銀座ルノアールと協業強化へ…

2018/03/26

キーコーヒーは2月、銀座ルノアールの株式を追加取得した。間接保有を含めた議決権割合は34.19%に。キーコーヒーは2013年に銀座ルノアールを持分法適用関連会社としており、今回の株式取得は2回目。銀座ルノアール株式の追加取得は両社にどんな意味合いが…?

M&A速報検索

クリア