わが国で最もスタートアップ(起業)支援に熱心な企業として、真っ先に名が上がるのがKDDI<9433>。国内移動体通信業界第2位のauブランドで知られる同社だが、スタートアップ支援ではトヨタ自動車<7203>やソフトバンクグループ<9984>などを抑えて「ダントツの1位」との呼び声も高い。

「スタートアップ支援ナンバーワン」の呼び声も高いKDDI

スタートアップが大手企業と協働で新規事業創造を目指す「∞(ムゲン)ラボ」やコーポレート・ベンチャー・キャピタル(CVC)の「KDDIオープンイノベーションファンド」(KOIF)による積極的なスタートアップ投資などを通じて、次世代の日本経済を支える企業づくりに取り組んでいる。

KDDIはなぜ、ここまでスタートアップ支援に積極的なのか? KDDIでスタートアップ支援の最前線に立つライフデザイン事業本部ライフデザイン事業企画本部ビジネスインキュベーション推進部の中馬(ちゅうまん)和彦部長に聞いた。

-KDDIは早くからスタートアップ支援に乗り出していますね。

中馬 2011年に「∞ラボ」を立ち上げている。当時としては珍しいアクセラレーター(スタートアップ企業に対する協業や出資の募集活動を手がける組織・団体)だった。現在では60社を超えるスタートアップ企業に大手企業からの出資や協業を実現している。

∞ラボのパートナー連合には日本を代表する大手企業が多数参加している(同社ホームページより)

2012年にはCVCのKOIFを設立した。アクセラレーターとベンチャーキャピタルの両輪でスタートアップに取り組んでいる。

KDDIには稲盛(和夫氏=KDDIの前身の一つ第二電電の創業者)イズムがあって、規模は大きいが100人ぐらいの会社で働いている感じ。今もベンチャー企業の感覚でスピード感もあり、スタートアップ企業との親和性は高かったと思う。