ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【贈与税】株式贈与契約書(サンプル)

alt

「贈与契約書」サンプル

贈与者 ○○ ○○(以下「甲」)と受贈者 ○○ ○○ (以下「乙」)は、下記の通り贈与契約を締結する。

第1条 甲は乙に対して、平成○年○月○日に○○○○株式会社(本店 東京都○○○○○○○○)の普通株式○○株(株券の記号番号 ○○○○)を贈与するものとし、乙はこれを承諾した。
なお、同日を持って同株式の権利は乙に移転するものとする。

上記の通り契約が成立したので、本書面を2通作成し、甲乙各1通を所持するものとする。

平成○年○月○日

(甲)住所地 東京都○○○○○○○○
   氏名 ○○ ○○ ㊞

(乙)住所地 東京都○○○○○○○○
   氏名 ○○ ○○ ㊞


「株式名義書換請求書」サンプル

○○○○株式会社 御中

私は貴社の下記株式を取得しましたので、名義書換を請求します。

取得した株式の種類及び数
普通株式○○○○株(株券の記号番号 ○○○○)

平成○年○月○日

(住所) 東京都○○○○○○○○
(氏名) ○○ ○○ ㊞

以上  

※ 上記はいずれもサンプルです。事案により内容は変わります。

[著]節税ヒントがあるかもブログ メタボ税理士さん
[編集]M&A Online編集部
本記事は「節税ヒントがあるかもブログ」に掲載された記事を再編集しております。
原文を読みたい方は、こちらからどうぞ

メタボ税理士 さん

節税ヒントがあるかもブログを運営している東京都中央区のメタボ税理士です。少しでも、ホンのちょっとでも、お役に立てたら嬉しいです。よろしくお願いします(^^

ブログはこちらから http://ameblo.jp/h-k-tax/


NEXT STORY

ウッカリにご注意!合併で贈与税が発生するケース

ウッカリにご注意!合併で贈与税が発生するケース

2016/11/02

節税ヒントがあるかもブログのメタボ税理士さんが合併で贈与税が発生する事例をご紹介します。合併後の純資産12億円程度の会社の場合、数千万円の贈与税がかかることも。合併交付株数にはご注意を