menu
Social media

法律・マネー

【法律とM&A】遺言能力と成年後見人・保佐人等の遺言行為

Cover 8a17ae9b ca7b 4c26 8cbc 287ad3d960ab

遺言能力とは、遺言をすることのできる能力のことをいい、民法では遺言者が満15歳以上で、遺言をするときにおいて能力を有していれば遺言をすることができるとしています。この能力とは意思能力のことを指すものと考えられています。

一般の法律行為では、民法では、未成年者、成年被後見人、被保佐人及び被補助人といった制限行為能力者の規定を定め、判断能力を有しない者を保護していますが、遺言に関しては、これらの規定は適用されません。

ただし、成年被後見人が遺言をする場合には、自筆証書遺言、公正証書遺言などの各遺言の要件を満たすと同時に、
次の要件を満たす必要があります。

(1)事理を弁識する能力を一時的に回復した時点で遺言を作成する。
(2)医師2名が立ち会う。
(3)遺言に立ち会った医師が、遺言者が遺言をする時において精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く状態になかった旨を遺言書に付記して、これに署名し、押印する。ただし、秘密証書による遺言にあっては、その封紙にその旨の記載をし、署名し、押印する。

被保佐人の場合は、上記の成年後見人のような制限はありませんが、 遺言の有効性を疑われないため、成年被後見人の遺言手続に従って作成しておくこと、遺言の有効性を裏付ける証拠を集めておくことなどが必要になると考えられます。

文:司法書士法人・行政書士法人 星野合同事務所 メルマガVol.100 2015.10.30より転載

司法書士法人・行政書士法人 星野合同事務所

Ebb2afde 7371 4f48 9158 1e0634245c23

■ 司法書士法人・行政書士法人 星野合同事務所(詳しくはこちらから http://hgo.jp/

創業1975年。司法書士、行政書士、弁護士、土地家屋調査士、宅地建物取引士、不動産鑑定士、不動産コンサルティングマスターなど、各種専門家によるリーガルワンストップサービスを全国展開する「東雲グループ」の中核事務所。


法改正・判例

NEXT STORY

【法律とM&A】賃貸借契約の更新料有効判決

【法律とM&A】賃貸借契約の更新料有効判決

平成23年7月15日、最高裁判所で「賃貸借契約の更新料支払い特約を原則として有効」とする判決が出されました。賃貸住宅に関する重要な判例になると考えられる。そこで今回は更新料有効判決の概要を確認してみたい。(この記事は2011/09/30発行時の記事です)


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb cc85b8b5 8edb 443a a273 78ca4504aa70