贈与税の記事一覧

「銀行主導にさせない事業承継のススメ」|編集部おすすめの1冊

「銀行主導にさせない事業承継のススメ」|編集部おすすめの1冊

「融資を受けて事業承継するしかない」と思い込んでいる社長に、セカンドオピニオンを提供し、銀行が提案する方法が唯一ではなく、他にも方法があることを示すのが本書の目的だ。事業承継手法の解説書ではなく、小説のような雰囲気を持つ。

記事を読む
「相続時精算課税制度」って?|生命保険を活用したM&Aの出口戦略(3)

「相続時精算課税制度」って?|生命保険を活用したM&Aの出口戦略(3)

今回は「相続時精算課税制度」を用いたスキームを取り上げる。最大2500万円という大きなお金を一括で移すことができるのでM&A長者など相続税対策が必要な人には特に大きな効果を期待できるだろう

記事を読む
【M&A実務】株式譲渡の税務上の注意点

【M&A実務】株式譲渡の税務上の注意点

株式譲渡は中小企業のM&Aで最もポピュラーな手法です。実務上のスキームを組みやすい反面、「価格」や売り手や買い手が「個人」「法人」などの組み合わせにより、さまざまな税務上の論点が発生する厄介な手法ともいえます。

記事を読む
事業用資産の相続税、贈与税が実質非課税に 税制改正

事業用資産の相続税、贈与税が実質非課税に 税制改正

平成31年度の税制改正で2019年1月1日から2028年12月31日の間に相続や贈与により事業用資産を取得し、事業を継続した場合、相続税、贈与税の納税が猶予されることになった。

記事を読む
「相続」と「贈与」の決定的な違いは?

「相続」と「贈与」の決定的な違いは?

相続対策には大きく2つあります。それは「争族対策」と「税金対策」です。さて、税制では「贈与」と「相続」を別のものとして区別して規定されている以上、この事象を全く違うこととしてとらえなければいけません。この違いはなんでしょうか?

記事を読む
「仮想通貨」の税と会計

「仮想通貨」の税と会計

世界中で急速に普及し出した仮想通貨。日本でも多くの人が「億り人」となった。ところが、日本では法整備が追いついていない。そこで現時点で、税務・会計上仮想通貨がどのように取り扱われるようになっているのか、まとめてみた。

記事を読む
「税法がビジネスよりも上位にある」という誤解

「税法がビジネスよりも上位にある」という誤解

税法で定められていることと他の分野のことで取り扱いが異なるようなことがあります。一例をあげると民法と税法がごっちゃになり、どちらか一方を妄信してしまうと「ミスリード」に繋がってしまいます。

記事を読む
【贈与税】株式贈与契約書(サンプル)

【贈与税】株式贈与契約書(サンプル)

一般的な非上場会社(譲渡制限付き)の株式贈与契約書のサンプルをご紹介します。なお事案により内容は変わりますのでご注意ください。

記事を読む
ウッカリにご注意!合併で贈与税が発生するケース

ウッカリにご注意!合併で贈与税が発生するケース

節税ヒントがあるかもブログのメタボ税理士さんが合併で贈与税が発生する事例をご紹介します。合併後の純資産12億円程度の会社の場合、数千万円の贈与税がかかることも。合併交付株数にはご注意を

記事を読む
保育施設に土地貸与で相続・贈与税を非課税 政府が待機児童対策として検討

保育施設に土地貸与で相続・贈与税を非課税 政府が待機児童対策として検討

​政府が待機児童対策のため、相続・贈与税を見直す方向で検討していることが分かった。相続・贈与された土地について、保育所や幼稚園に貸与する場合は、相続税や贈与税を非課税にする優遇策を設けるようだ。

記事を読む
ウッカリにご注意!第三者割当増資で贈与税が発生するケース

ウッカリにご注意!第三者割当増資で贈与税が発生するケース

節税ヒントがあるかもブログのメタボ税理士さんが第三者割当増資で贈与税が発生する事例をご紹介します。贈与税の世界では課税対象となる可能性がありますので、ご注意を(M&A Online編集部)

記事を読む
【専門家が答えるM&A相談】(第3回)相続税を節税するために、利益を減らして自社の株価を下げる対策をしたほうがいい?

【専門家が答えるM&A相談】(第3回)相続税を節税するために、利益を減らして自社の株価を下げる対策をしたほうがいい?

間もなく引退することを考えています。相続税を節税するために、対策をしたほうがいい方法とは?

記事を読む