menu
Social media

法律・マネー

【法律とM&A】相続による遺産整理手続

Cover 5e14a38b e46e 40f4 8eec 5215219e63dc

 平成27年の相続税制改正により相続にスポットが当たったためか遺産整理という言葉をよく耳にするようになりましたので相続の遺産整理手続についてお話させていただきます。

 遺産整理とは、亡くなられた方(被相続人)の財産(相続財産)を相続人に引き継ぐことです。その引継手続全般を遺産整理手続といいます。

 これらの手続きを相続人に代わり業務として行うことを遺産整理業務といいます。主なところでは、信託銀行などが遺言信託により遺産整理業務をされています。

 なお、遺産整理業務は、司法書士が財産管理業務(税務申告は税理士専門分野のため除く)として、代理して行うことができる旨法律上明文化されています。(司法書士法施行規則第31条)

 遺産整理手続の主なものは、相続財産調査、相続人調査、遺産分割協議書作成、不動産名義変更登記手続、預貯金解約手続、株式等有価証券承継売却換価手続、所得税準確定申告、相続税申告手続です。

 相続財産調査は主に財産価格の確認です。

 不動産であれば固定資産評価証明書・名寄帳を取得し、預貯金・株式等有価証券であれば銀行又は証券会社より死亡日現在の残高証明書(既経過利息込)を取得します。借地権も相続財産になります。なおローンの支払いや保証債務があれば、これらも相続財産となります。

 相続人調査は主に戸籍の収集です。

 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本、相続人の現在の戸籍謄本、その他住民票、戸籍の附票の取得が必要になります。本籍を転籍されていたり、相続人が婚姻等により別の地に本籍を構えていれば、それらすべての戸籍を各行政機関より取得する必要があります。

 なお相続人に行方不明者がいれば不在者財産管理人選任申立を、未成年者がいれば原則特別代理人選任申立をそれぞれ家庭裁判所へ行います。

 相続財産が確定したら相続人調査により判明した相続人全員で遺産分割協議をします。協議内容を相続人全員が同意すれば、遺産分割協議書を作成し読み合わせの上相続人全員に署名押印いただきます。

 遺産分割協議は、相続人全員が納得される内容で協議されることが一番大事です。それをふまえた上で相続税の支払いについて検討することです。

 相続税額を減らすためだけの遺産分割協議は後々のトラブルになりかねませんのでお勧めできません。また不動産の兄弟間共有による分割協議についてもトラブルの元になりかねません。なお遺言があれば相続財産の承継は原則それに従います。

法改正・判例

NEXT STORY

【現場の声】M&Aを検討していることを知られずに探せる?

【現場の声】M&Aを検討していることを知られずに探せる?

製造業の社長が検討している、自社の売却。特殊な精密加工を行う下請けメーカーで、技術は業界内でも高い評価を得られているが、後継者がいないため、真剣に考えているようだ。だが、家族や従業員、取引先や同業メーカーには売却を伝えづらいという。周囲に知られずにM&A交渉を進めるにはどうすればいいのか?


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333