ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【中小企業・事業承継】事業承継の失敗事例

alt

◎事例4)社長派と専務派に分裂、専務派の追い出しに多額の資金が!

・社長と専務(弟)で、会社の株式をそれぞれ60%と40%の比率で保有。
・その後、それぞれの息子が会社に入社。
・社長より専務の方が会社の成長に貢献している状況。
・社長が強硬に自らの息子を社長にしたため、専務反発しは退任するとともに退職金と株式の買取りを要求した。
・結局純資産価額に近い金額で買い取りをせざるを得なくなり、数億円ものお金が会社から流出し財務内容が大幅に悪化。

【解決策】兄弟の間で事業承継の道筋をつけ、決めておかないと、叔父甥の関係になった段階では急にもめることも・・・このケースでは事前に会社分割でそもそも会社を分けることも検討しておくべきでは

◎事例5)後継者への株式の移転が早すぎて先代社長が追い出される事態に!

・社長が、息子に事業承継しようと社長に据えて経営を任せ、株式の40%を徐々に贈与していった。
・ところが、経営方針をめぐる対立が激しくなり、会長は息子を解任し社長に復帰。
・解任された息子は、社長への復権を要求。
・そのうちM&A案件による事業買収のため第3者割当増資を計画
・息子が40%の株式を保有していたため、否決される。
・事業拡大のチャンスと対外的な信用を失う

【解決策】財産としての株式は相続対策で事前に渡しても、議決権株式や種類株式で決定権は完全に委譲するまでは確保しておくべき 金の切れ目が…にならない等に

NEXT STORY

【中小企業・事業承継】種類株式(黄金株)を活用した段階的かつ円滑な事業承継

【中小企業・事業承継】種類株式(黄金株)を活用した段階的かつ円滑な事業承継

2017/05/23

事業承継に活用したい自己信託シリーズ第4回。今回は種類株式(黄金株)を活用した事業承継について、ビジネス・ブレイン税理士事務所所長の畑中孝介氏が解説します。