M&A速報

CSSホールディングス<2304>、阪急阪神HD<9042>傘下のホテル・スチュワード事業会社を取得

2015/02/10

CSSホールディングスは子会社を通じて、ホテルで食器類の管理などを手がけるスチュワード事業を展開する宝塚ホテルサービス(兵庫県宝塚市。売上高5億6600万円、営業利益400万円、純資産1900万円)の全株式を取得し子会社化することを決めた。阪急阪神ホールディングスの完全子会社である阪急阪神ホテルズから取得する。

宝塚ホテルサービスは現在、阪急阪神ホテルズ直営のホテルを中心に13事業所から事業を受託している。同じくスチュワード事業を主力とするセントラルサービスシステムは、同部門での収益拡大が図れると判断した。

取得価額は1000万円。取得予定日は2015年3月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

コロナ禍、名門ホテルの閉館・売却が相次ぐ

コロナ禍、名門ホテルの閉館・売却が相次ぐ

2021/05/31

新型コロナウイルス感染の影響が長期化する中、名門ホテルをめぐる閉館や売却の動きが相次いでいる。6月30日の営業終了に向けてカウントダウンに入ったのが東京・九段下のホテルグランドパレスだ。

新型コロナ対策を盛り込んだ「旅行商品」が多数誕生 移動自粛要請全面解除で活発化

新型コロナ対策を盛り込んだ「旅行商品」が多数誕生 移動自粛要請全面解除で活発化

2020/06/20

新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした移動自粛要請が2020年6月19日に全面解除されたのを受け、旅行関連企業の動きが慌ただしくなってきた。今後工夫を凝らした旅行商品が次々と生まれそうだ。

阪神・阪急経営統合(その2) 「深める沿線、広げるフィールド」

阪神・阪急経営統合(その2) 「深める沿線、広げるフィールド」

2018/02/03

阪神・阪急の経営統合の真のねらいは、旅客輸送のシェアを高めるJR西日本に対抗して、阪神・阪急がJR包囲網を築くことにあった。その対象は、不動産・百貨店・ホテルなど、阪神・阪急の兼業部門にも及ぶ。

阪神・阪急経営統合 真のねらいはJR包囲網を築くことにあった

阪神・阪急経営統合 真のねらいはJR包囲網を築くことにあった

2018/01/08

日本全国に伸びる鉄道網。戦後70余年はその拡大と縮小の歴史でもあった。その歴史には鉄道各社が掲げる「鉄の理念」と、ライバル会社との競争を生き抜くしたたかな「鉄の思惑」が交錯する。鉄道の資本移動という観点から、その歴史を振り返ってみる。

【企業力分析】巨人カラーの電車が株主の利益を下げているって!ほんと? 阪神電気鉄道

【企業力分析】巨人カラーの電車が株主の利益を下げているって!ほんと? 阪神電気鉄道

2017/07/31

「名前も言いたくないあの球団の色を変える予定はないのでしょうか?」と質問した阪急阪神ホールディングスの株主。今回は当事者である子会社・阪神電気鉄道を取り上げました。同社は、鉄道事業、不動産事業スポーツ・レジャー事業(甲子園球場運営)を行っています。急行電車をオレンジから黄色と黒のシマシマに変えれば達成できるのでしょうか。それとも・・・?

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5