(株)CSSホールディングスの子会社で、スチュワード管理事業を展開している(株)セントラルサービスシステム(以下「セントラルサービスシステム」)は、(株)阪急阪神ホテルズ(以下「阪急阪神ホテルズ」)が100%の株式を保有する宝塚ホテルサービス(株)(売上高5億6600万円、営業利益400万円、純資産1900万円、以下「宝塚ホテルサービス」)の全株式を取得し、同社を子会社化(CSSホールディングスの孫会社化)することを決議した。

宝塚ホテルサービスはスチュワード事業を専門とし、阪急阪神ホテルズ直営ホテルを中心に現在13事業所を受託していることから、同じくスチュワード事業を主体とするセントラルサービスシステムと合せて事業運営することで、セグメント収益を拡大させることができるとしている。

株式取得価額は1000万円。

株式譲渡予定日は2015年3月1日。