M&A速報

阪急阪神ホールディングス<9042>、インドネシアで大規模商業施設「セントラルパークモール」の取得を目的に現地社を子会社化

2022/09/12

阪急阪神ホールディングスは、インドネシアの西ジャカルタにある大規模商業施設「セントラルパークモール」の取得を目的に、その区分所有権15%を持つPT CPM ASSETS INDONESIA(CPM。売上高3億7400万円、営業利益△1億4600万円、純資産△9030万円)の株式71.4%を取得し、子会社化することを決めた。取得価額は281億円。取得予定日は2022年9月22日。子会社化を受け、CPMは同物件の開発者から現物出資と売買により残りの区分所有権85%を取得することになっている。

阪急阪神は関西での沿線開発で培ったノウハウを生かし、経済成長が見込まれるASEAN(東南アジア諸国連合)を中心に、現地パートナーと連携して不動産事業に乗り出している。2019年にはジャカルタ中心業務地区にある複合施設「プラザインドネシアコンプレックス」などを保有・運営する現地事業体に出資している。

M&Aデータベース

関連の記事

関連のM&Aデータベース

No. 開示日 買い手 対象企業・事業 売り手 業種 ▽ スキーム ▽ 取引総額(百万円) ▽ タイトル
1
2011年2月24日
ユミルリンク(株)
309
2
2012年2月27日
(株)アコーディアAH37
非公表
3
2009年2月9日
(株)ステーションファイナンス
[ 855,000円 ]
4
2015年2月10日
宝塚ホテルサービス(株)
10
5
2008年7月22日
7,779
6
2019年5月28日
コンビニ・駅売店事業
非公表

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5