M&A速報

東宝<9602>、コマ・スタジアム<9642>をTOBで子会社化

2008/07/22

東宝は、「新宿コマ劇場」を運営するコマ・スタジアムをTOB(株式公開買い付け)により完全子会社化することを決議した。現在の株式所有比率は9.47%。コマ・スタジアムは今回のTOBに賛同の意見を表明している。

コマ・スタジアムは、演劇公演における観客ニーズの多様化などを背景に、観客動員減少が続き、業績不振に陥っていた。2005年3月には「梅田コマ劇場」を売却し、大阪地区の劇場経営から撤退している。東京都の「新宿コマ劇場」で動員数回復を目指したものの、2008年3月期決算で2期連続の大幅な営業赤字を計上。「新宿コマ劇場」は閉館し、建物の敷地を所有する東宝と協同して跡地の再開発に取り組むことにした。東宝も、都内の主要繁華街では希少な大型物件である同地の早期再開発による有効活用とコマ・スタジアムとの関係強化が必要と判断した。

TOBの買付価格は1株あたり7400円。2008年7月18日の終値1545円に対して約379%のプレミアムを加えた。

TOBの買付予定数は105万1348株で、買付予定額は77億7000万円。

公開買付期間は2008年7月23日から8月25日を予定している。

関連の記事

コロナ禍、名門ホテルの閉館・売却が相次ぐ

コロナ禍、名門ホテルの閉館・売却が相次ぐ

2021/05/31

新型コロナウイルス感染の影響が長期化する中、名門ホテルをめぐる閉館や売却の動きが相次いでいる。6月30日の営業終了に向けてカウントダウンに入ったのが東京・九段下のホテルグランドパレスだ。

新型コロナ対策を盛り込んだ「旅行商品」が多数誕生 移動自粛要請全面解除で活発化

新型コロナ対策を盛り込んだ「旅行商品」が多数誕生 移動自粛要請全面解除で活発化

2020/06/20

新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした移動自粛要請が2020年6月19日に全面解除されたのを受け、旅行関連企業の動きが慌ただしくなってきた。今後工夫を凝らした旅行商品が次々と生まれそうだ。

【東宝】会社分割が「世界の三船」を生んだ−M&Aシネマ繁盛記

【東宝】会社分割が「世界の三船」を生んだ−M&Aシネマ繁盛記

2019/10/24

東宝の歴史はM&Aの歴史だ。1932年に阪急電鉄創業者の小林一三氏が東京宝塚劇場を設立、これが「東宝」の語源である。設立早々に東急を立ち上げた五島慶太氏から渋谷・道玄坂の東横映画劇場を買収したのを皮切りに、映画産業内でのM&Aを加速する。

閉館迫る有楽町スバル座、GHQの占領政策にかかわった日本初のロードショー劇場

閉館迫る有楽町スバル座、GHQの占領政策にかかわった日本初のロードショー劇場

2019/09/21

日本初のロードショー劇場として知られる「有楽町スバル座」。半世紀を超える歴史にピリオドを打ち、10月20日の閉館まで残すところ1カ月。その生い立ちは戦後、日本を占領した連合国軍総司令部(GHQ)の映画配給政策と密接にかかわっている。

阪神・阪急経営統合(その2) 「深める沿線、広げるフィールド」

阪神・阪急経営統合(その2) 「深める沿線、広げるフィールド」

2018/02/03

阪神・阪急の経営統合の真のねらいは、旅客輸送のシェアを高めるJR西日本に対抗して、阪神・阪急がJR包囲網を築くことにあった。その対象は、不動産・百貨店・ホテルなど、阪神・阪急の兼業部門にも及ぶ。

阪神・阪急経営統合 真のねらいはJR包囲網を築くことにあった

阪神・阪急経営統合 真のねらいはJR包囲網を築くことにあった

2018/01/08

日本全国に伸びる鉄道網。戦後70余年はその拡大と縮小の歴史でもあった。その歴史には鉄道各社が掲げる「鉄の理念」と、ライバル会社との競争を生き抜くしたたかな「鉄の思惑」が交錯する。鉄道の資本移動という観点から、その歴史を振り返ってみる。

【企業力分析】巨人カラーの電車が株主の利益を下げているって!ほんと? 阪神電気鉄道

【企業力分析】巨人カラーの電車が株主の利益を下げているって!ほんと? 阪神電気鉄道

2017/07/31

「名前も言いたくないあの球団の色を変える予定はないのでしょうか?」と質問した阪急阪神ホールディングスの株主。今回は当事者である子会社・阪神電気鉄道を取り上げました。同社は、鉄道事業、不動産事業スポーツ・レジャー事業(甲子園球場運営)を行っています。急行電車をオレンジから黄色と黒のシマシマに変えれば達成できるのでしょうか。それとも・・・?

【企業力分析】君の名は。・・・東宝

【企業力分析】君の名は。・・・東宝

2016/10/31

今回は、「シン・ゴジラ」「君の名は。」のヒットを飛ばしている東宝株式会社を取り上げました。インターネット技術の進歩と家庭用テレビの大型化・高解像度化、さらにはスマートテレビ化に伴い、映画鑑賞の観点における映画館の存在意義は確実に変化しています。東宝の経営状況はどうなっているのでしょうか。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5