経営者になりたい人を育てる「ネクストプレナー協会」河本和真代表理事に聞く

alt
河本和真グローシックスキャピタル取締役CFO兼ネクストプレナー協会代表理事

後継者がいない中小企業と、経営者になりたい人を結び付け、株式はファンドが買い取る「サーチファンド」と呼ばれる動きが広がりつつある。

そのサーチファンドの一つで、M&Aの仲介を手がけるGrowthix Capital(グローシックスキャピタル=東京都中央区)は、同社が設立したネクストプレナー協会を通じて、経営者になりたい人を探し出し、経営に必要な知識やノウハウを伝授する「ネクストプレナー大学」と名付けた経営者養成講座の運営に乗り出した。

グローシックスキャピタル取締役CFO(最高財務責任者)で、ネクストプレナー協会(東京都中央区)の代表理事である河本和真氏に、大学設立の経緯や事業承継までの流れ、さらにどのような人たちが大学に集っているのか、などについて聞いた。

日本式のサーチファンドを運営

-まずはサーチファンドとは何なのかお教え下さい。

経営者になりたい人が、投資家の資金を使って企業を買収し、バリューアップ(価値向上)したうえで、売却するというもので、売却によって投資家に資金が戻り、新しく経営者になった人も利益を得ることができる。

米国のスタンフォード大学のMBA(経営学修士)修了者が、投資家から資金を得て、2年間でいい会社を探し、いい会社が見つかると、さらに投資家が資金を出して企業を買収し、そこから4年から8年かけてその企業を成長させて、売却を目指すというのがサーチファンドの始まりと言われている。

-日本と米国では状況が大きく異なります。御社はどのようにサーチファンドを運営しているのですか。

2019年の冬に、サーチファンドのモデルをそのまま日本で見よう見まねでやってみた。ところが新しく経営者になった人が社長の重圧に耐え切れず、3カ月ほどで経営を続けられなくなってしまった。

サーチファンドは良い仕組みなので、これを生かすためには何が必要なのかと考えた結果、経営者になりたい人への教育、例えばマインドセット(経営者としての思考、覚悟)や、経営者としての最低限の知識、さらに彼らが困った時にサポートする機能、などが必要になるというところに行き着いた。

こうしたことを実現するために2020年9月にネクストプレナー協会を作った。同協会では、2020年11月にネクストプレナー大学の運営に乗り出し、0期生12人を受け入れ、現在は1期生40人が2021年6月から11月までの期間、受講している。

受講のあとは中小企業で3カ月から6カ月の実地研修を行い、マッチングを行う。実地研修先企業の経営を引き継ぐことを見込んでいるが、うまくマッチングできない時は、他の企業で再度実地研修を行う。ここが日本式サーチファンドの“ミソ”だと考えている。

NEXT STORY

M&Aの相続対策、海外移転した財産の扱いは?

M&Aの相続対策、海外移転した財産の扱いは?

2021/07/14

M&Aを行い多額の資産が入ってきた経営者の中には海外に資産を移転し相続対策を行いたいと考える方も一定数いるだろう。今回は海外財産について説明する。