【木曽路】コロナ後を見据えM&Aで出店を加速

alt
写真はイメージです

2022年3月期は2度下方修正

コロナ禍で木曽路の業績は振るわない。コロナの影響が少なかった2020年3月期は売上高が439億2400万円、営業利益が14億2600万円だったのに対し、大きく影響を受けた2021年3月期は売上高が128億5700万円も減少し310億6700万円に、営業損益は42億1900万円の赤字に陥った。

2022年3月期は当初、大将軍が子会社に加わることもあり業績の回復が見込まれたが、時間の経過とともに厳しさが増してきた。

2022年3月期第1四半期時点では、売上高は409億円、営業損益は17億5000万円の赤字見込みだったのが、第2四半期時点では、営業損益は変わらないものの売上高は9億円少ない400億円に引き下げた。

第3四半期時点ではさらに数字は悪化し、売上高は28億円少ない372億円に、営業損益は15億3000万円赤字が拡大し、32億8000万円の赤字となる。時短営業や酒類の販売制限などにより客数が減少したのが響いたものだ。

ただ、経常利益と当期利益は新型コロナウイルス感染防止対策に伴う助成金を営業外収益に計上することで、黒字を確保できる見込みで、経常利益は前年度の35億6700万円の赤字から11億2000万円の黒字に、当期損益は55億7700万円の赤字から5億1000万円の黒字になる見込み。

2023年3月期は、新たに建部食肉産業の数字が加わるほか、仕入れコストの削減などもあり、業績の回復が見込まれる。新型コロナウイルスが業績を大きく左右することは避けられないものの、M&Aの活用や新業態の開発などで、新型コロナウイルスの影響をどこまで小さくできるのか。攻勢に転じた同社の動向が注目される。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

中華料理の​「日高屋」が赤字転落 コロナ後の戦略は?

中華料理の​「日高屋」が赤字転落 コロナ後の戦略は?

2021-01-03

中華料理の日高屋などを展開するハイデイ日高の2021年2月期は、営業、経常、当期の全段階で損益が赤字に転落する。多くの外食店が苦境に立たされており、中華料理もコロナ禍に屈した格好だ。