三菱ジェットと明暗、開発難航の中国「C919」が実用化できた理由

alt
商業飛行を開始した中国製ジェット旅客機「C919」(Photo By Reuters)

中国の国産ジェット旅客機「C919」が5月28日、初の商用飛行に入った。上海に本社を置く中国商用飛機 (COMAC)が製造を手がけたが、開発は難航。度重なる就航延期に見舞われたが、なんとか初飛行にこぎつけた。

三菱重工業<7011>子会社の三菱航空機(現・MSJ資産管理、会社清算準備中)が手がけていた「三菱スペースジェット」は、6度にわたる就航延期の末に2023年2月7日に開発が中止された。両機のサイズはかなり違うが、同様に開発に苦労した両機の「明暗」はどこで別れたのか?

少なくとも4度の延期、開発が難航したチャイナジェット

「C919」は少なくとも4回の開発延期に追い込まれている。試験機の開発は2009年9月に始まり、2015年11月に完成した。当初、試作機は2014年に最終組み立てが完了し、2015 年に試験飛行、2016年の就航を目指していた。

しかし、試作機の生産遅れから試作機の初飛行は2017年5月にずれ込み、就航開始は2018年に延期。その後、2020年、2021年と延期が続き、ようやく就航の運びとなった。

「C919」と「三菱スペースジェット」のスペック比較

機種名 COMAC C919 三菱スペースジェット
生産国 中国 日本
生産会社 中国商用飛機 三菱航空機
開発開始 2009年 2008年
試作機初飛行 2017年5月 2015年11月
初就航 2023年5月 開発中止(2023年2月)
乗客定員 156〜174人 69~88人
全長 38.9m 33.4~35.8m
全高 11.95m 10.3~10.4m
全幅 35.8m 27.8~29.2m
エンジンメーカー 米CFMインターナショナル* 米プラット・アンド・ホイットニー
巡航速度 834 km/h( マッハ0.785) 829km/h(マッハ0.78)
最大航続距離 5555 km 3770km
機体価格 6億5300万元(約130億円) 40億~50億円(予定)

*米GE・アビエーションと仏スネクマが折半出資した合弁会社

NEXT STORY

米ゴールドマンサックス、数千人規模の人員削減へ

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 1/12
2023.01.12

アクティビストグループ、石油ガス大手4社に排出量削減目標を要求

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2022/12/29
2022.12.29

ウォーレン米上院議員、マスク氏のツイッター買収巡りテスラに書簡

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2022/12/25
2022.12.25

物言う投資家ブルーベル、世界最大の資産運用会社ブラックロックCEOに退任要求

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2022/12/10
2022.12.10

マンU売却検討で英富豪が名乗り、ベッカム氏も参加か

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2022/11/29
2022.11.29

マスク氏のツイッター買収、米中間選挙巡る誤情報拡散懸念も

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2022/10/31
2022.10.31

プラダ次期CEO、身売りするつもりはないと表明

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン
| 2021/11/30
2021.11.30

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5