マンU売却検討で英富豪が名乗り、ベッカム氏も参加か

alt
Abaca Press/REUTERS

[23日 ロイター] - サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)がクラブ売却などの検討を始めたことを受け、英富豪のジム・ラトクリフ氏が買収に名乗りを上げると、英紙テレグラフ・スポーツが23日伝えた。

マンUの声明によると、米国人オーナーであるグレイザー家は、クラブの一部売却のほか、スタジアムやインフラ再開発などの投資につながる選択肢を巡り財務顧問と協力している。

ロイターは8月、マンUの長年のファンであるラトクリフ氏が買収に興味を示していたと報じた。同氏が会長を務める化学大手のイネオスは23日、コメントを控えた。

また英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、マンUで10年以上プレーした元イングランド代表主将、デービッド・ベッカム氏も買収候補者との話し合いに前向きだと伝え、同氏が買収に参加する可能性もあるという。

FTは事情に詳しい銀行関係者の話として、売却額が70億ポンド(84億4000万ドル)近くになる可能性があるとし、さらに膨らむこともあり得るとしている。

マンUの株価は、23日のニューヨーク市場で18.8%上昇。前日にも売却検討報道を受けて14%余り上昇していた。

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン

ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。2,500人以上のレポーターと 200以上の拠点を擁し、世界中で生み出される質の高いロイターのニュースは、16を超える言語で毎日配信され、世界各地の数十億人に届けられるなど、その規模は業界随一を誇ります。1851年の設立以来、独立性、高潔性、中立性を柱とする信頼の原則を一環して守り続けています。揺るぎない信頼性をこれからも維持したまま世界各地からニュースをお届けできるよう、たゆまぬ努力を続けていきます。

NEXT STORY

ミクシィ、FC東京を買収 来年2月に

ミクシィ、FC東京を買収 来年2月に

2021-11-25

ミクシィは11月22日、FC東京の運営会社の第三者割当増資を引き受け、子会社化すると発表した。