事業再生ADRの記事一覧

ワタベウェディング、「コルゲン」「キャベジン」で知られる興和の傘下で再建なるか?

ワタベウェディング、「コルゲン」「キャベジン」で知られる興和の傘下で再建なるか?

婚礼大手のワタベウェディングが興和(名古屋市)の傘下で再建を進めることが正式に決まった。興和といえば、CMでおなじみの「コルゲンコーワ」「キャベジンコーワ」で知られる。リゾート挙式で一時代を画したワタベとは異色の組み合わせだが、再建の道筋は?

記事を読む
「日本橋 紅とん」「Pastel」のヴィア・ホールディングス、事業再生ADRへ

「日本橋 紅とん」「Pastel」のヴィア・ホールディングス、事業再生ADRへ

ヴィア・ホールディングスと関連子会社6社は4月20日、第3回債権者会議を開催し、事業再生ADRが成立したことを明らかにした。財務面では対象債権者の金融機関5行より借入金債務の一部(総額45億円)を株式化し、債務超過を解消する。

記事を読む
ブライダル企業「経営危険度ランキング」超大手も苦境に

ブライダル企業「経営危険度ランキング」超大手も苦境に

下記のブライダル企業経営危険度ランキングは、経営の安全性を見る3つの指標(自己資本比率、流動比率、総支払利息比率)をまとめたものです。業界基準値から差異をスコアリングして危険度を算出してみました。

記事を読む
書店チェーンのフタバ図書が事業再生ADR 新会社へ事業譲渡

書店チェーンのフタバ図書が事業再生ADR 新会社へ事業譲渡

広島県内を中心に関東圏にも店舗を展開する大手書店のフタバ図書が、ファンドなどが出資する新会社に3月1日付で事業譲渡すると発表した。事業再生ADR手続きを活用する。

記事を読む
ミツバとサンデン、群馬県民が心配する名門2社の行く末は?

ミツバとサンデン、群馬県民が心配する名門2社の行く末は?

群馬県の製造業を代表するミツバ(桐生市)とサンデンホールディングス(伊勢崎市)が苦境に立っている。ミツバは国内2工場の閉鎖や500人規模の希望退職者募集などの事業構造改革を発表。サンデンは私的整理を申請した。両社に何が起きているのか?

記事を読む
ピザハットを買収した投資ファンド「エンデバー・ユナイテッド」とは?

ピザハットを買収した投資ファンド「エンデバー・ユナイテッド」とは?

2002年にフェニックス・キャピタルとして設立された投資ファンド「エンデバー・ユナイテッド」は日本の独立系投資ファンドの中では最古参の一つ。ファンド総額3,000億円、投資先企業は50社。いったいどのようなファンドなのでしょうか?

記事を読む
書店大手の文教堂、上場廃止の危機を免れるも「再建」はイバラの道

書店大手の文教堂、上場廃止の危機を免れるも「再建」はイバラの道

​業績不振に陥っている大手書店、文教堂グループホールディングス(GHD)が上場廃止の危機をひとまず免れた。27日、事業再生計画が金融機関の同意を得て成立。これに伴い、上場廃止の猶予期間が2020年8月31日までに1年間延びた。

記事を読む
【文教堂HD】再生計画案成立の行方は? 上場猶予期間の8月末が迫る

【文教堂HD】再生計画案成立の行方は? 上場猶予期間の8月末が迫る

業績不振に陥っている大手書店、文教堂グループホールディングスに上場猶予期間の8月末が迫っている。事業再生ADRに基づく再生計画案が予定通りに成立すれば、上場廃止の猶予期間が1年延長される。だが、進捗の遅れが否めない。

記事を読む
曙ブレーキ工業のスポンサー決定 再生ファンドから200億円調達へ

曙ブレーキ工業のスポンサー決定 再生ファンドから200億円調達へ

事業再生ADR手続による再建計画案を策定中の曙ブレーキ工業が7月18日、ジャパン・インダストリアル・ソリューションズをスポンサーに選定した。40社を超える事業会社や投資家に出資検討を依頼していた。

記事を読む
書店大手の文教堂 借入返済の一時停止に同意

書店大手の文教堂 借入返済の一時停止に同意

​事業再生ADR申請の文教堂グループホールディングスが7月10日の債権者集会で、金融機関のすべてが借入金返済の一時停止に応じた。返済猶予は金融債務に限定され、書籍の仕入代金など一般債務の支払いは変更ない。

記事を読む
書店大手の文教堂HD、私的整理による再生手続きを申請

書店大手の文教堂HD、私的整理による再生手続きを申請

大手書店の文教堂グループホールディングスは28日、私的整理の一種である事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)を第三者機関に申請したと発表した。2カ月後に差し迫っていた上場廃止を回避し、債務超過解消までの時間をもう1年間稼ぐ窮余の策だ。

記事を読む
真価を問われる「事業再生ADR」利用申請が増加

真価を問われる「事業再生ADR」利用申請が増加

今年7月の産業競争力強化法の改正で、事業再生ADR(裁判外紛争解決手続)から会社更生や民事再生など法的手続きに移行した場合の商取引債権の保護に関する規定が明記され、利便性が増した。

記事を読む
東証1部の田淵電機<6624>、事業再生ADRを申請

東証1部の田淵電機<6624>、事業再生ADRを申請

東証1部上場の田淵電機<6624>が事業再生ADRを申請したと発表した。固定価格買い取り制度(FIT)の切り下げなどを契機に国内の太陽光市場が急速に縮小。太陽光発電用パワーコンディショナーの製造などが影響を受け、業績が急激に悪化していた。

記事を読む