スポーツクラブ各社、宣言延長で5月12日以降の対応は?

alt
東京都内の「コナミスポーツ」店舗

新型コロナウイルス拡大に伴う緊急事態宣言の延長と対象地域の追加を受け、スポーツクラブ各社は当該店舗における5月12日以降の対応について10日中にHP(ホームページ)などで公表する運びだ(最新状況はこちら)。

「休業」と「時短」に対応が分かれる公算

スポーツクラブを含めて百貨店など大型商業施設はこれまでの休業要請から午後8時までの営業時間短縮に要請が緩和されるが、東京都や大阪府は知事判断で休業要請を継続することにしている、このため、宣言の対象都府県でも休業と時短営業に対応が分かれる公算が大きい。

政府は7日、東京、大阪、京都、兵庫の4都府県で発出中の緊急事態宣言の11日までの期限を31日まで延長し、12日から新たに愛知、福岡の2県を追加することを決めた。スポーツクラブ各社は週末、対象地域の自治体の要請内容の確認や対処方針の検討に追われた。

スポーツクラブは4月25日からの3度目の緊急事態宣言入りに伴い、東京、大阪、京都、兵庫の4都府県の店舗のうち、床面積が1000平方メートルを超えない比較的小規模の店舗を除き現在、休業中。

東京、大阪は12日以降も百貨店など大型商業施設について休業要請を継続する一方、兵庫、京都は土・日のみを休業とし、平日は午後8時までの時短営業を認める方針。新たに対象に追加された愛知、福岡は時短要請で臨むとみられる。このため、スポーツクラブも地域によって対応が分かれることになりそうだ。

コナミ、東京、大阪の閉店予定店舗は困惑も

緊急事態宣言の期間が5月31日まで延びたことで、悩ましい状況も出ている。

コナミスポーツ(コナミホールディングス傘下)は5月末に16店舗の大量閉店を予定しているが、東京の2店舗、大阪の4店舗が対象に含まれる。休業継続となれば、会員は通い慣れた施設と最後の別れを惜しむチャンスも阻まれ、閉店が前倒しされたのと同然だけに、困惑も広がっている。

◎5月12日以降の対応についての公表予定

コナミスポーツ 5月10日15時をめどに
セントラルスポーツ 5月10日夕刻以降
ルネサンス 5月10日18時を目安に
ティップネス 決定次第速やかに
東急スポーツオアシス 決定次第速やかに
ゴールドジム 決定次第速やかに
メガロス 5月10日に
スポーツクラブNAS 5月10日夕刻を目安に
ホリデイスポーツ 5月10日18時を目安に
コ・ス・パ 5月10日17時を目安に

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

緊急事態宣言でUSJは休業、TDL・TDSは営業の「なぜ」?

緊急事態宣言でUSJは休業、TDL・TDSは営業の「なぜ」?

2021/04/27

東京、大阪、兵庫、京都の4都府県に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行の第4波に伴う緊急事態宣言が出て、関東・関西のレジャー施設は書き入れ時のゴールデンウィークを失うことになった。ところが、東京ディズニーランド・ディズニーシーは営業を継続している。